音楽・読本

2015年4月13日 (月)

若い頃にハマッた音楽

昨夜寝る前に、適当に取り出してかけたCDが、学生時代に田舎では効けない西森マリーさんのラジオ番組で仕入れた曲で、とても懐かしくなってしまって、今日は半日You-Tubeサーフィンしてしまった・・・・。土日働いたから、まぁ許せ。

https://www.youtube.com/watch?v=qPOYAoU7dOY&list=PLPPIDbIxcrBNkkPXCPLiUaSU5JNCaetJR&index=1

1:オランダのバンド、ヴェンジェンスの『アラビア』
 4分頃に写るドラムスがとてもカッコよい。へぇ、こんな顔してたのね。

2:アメリカのバンド:クリムゾン・グローリーの『バルハラ』
 鉄の仮面をかぶってデビューし、2枚目のアルバムで仮面をはずして『俺たちは顔に自信がないから仮面を着けてたわけじゃない』と言ったらしい。確かに、VoはPCのスクリーンセーバーにしてしまったくらいカッコよい。

3:ドイツ出身のギタリスト、マイケルシェンカーのバンド(時代で名前が変わっている)のM.S.G時代の『I don’t wanna lose』
 ソロ部分のギターの掛け合いがカッコよい。 

4:スウェーデンの速弾ギタリスト、イングヴェイ・マルムスティーンのバンドの『Don't let it end』
 この人もしょっちゅうメンバーを変えているけれど、この時のVoが一番好き。ジェフ・スコット・ソート。イングヴェイま若い頃とってもスラリとして足が長くてカッコよかったけど、今は豚と呼ばれている。見かけもだけれど、性格が残念な人のようです・・・。

5:同じくスウェーデンのバンド、シルヴァーマウンテンの日本武道館でのライブ盤から『Always』と『Why』
 なんかこの時期は、外国のヘタウマバンドが日本で本国より人気が出るという変な現象があったらしい。北欧メタルとか、ジャーマンメタルは、夜が長くて暗いせいか(?)哀愁メロディアス的な感覚が日本人に受けたらしい。

6:ドイツのバンド、アクシスの『Livin’in a world』
 東西ドイツ統合で、ジャーマンメタルに元気があった気がする。

7:ブラジルのバンド、ヴァイパーの『月光ソナタ』
 ベートーベンの名曲をカバー(と言うのかしらね?)した曲。結構、HRやHMはクラッシック音楽と相性が良くて、バッハやベートーベンは良く使われています。Voの声質がアクシスのVoとよく似ている気がします。時代の流行でしょうか。

8:アメリカのバンド、エアーアパレント(という表記が近いのかどうか・・・)の『We the people』
 楽曲的にはヨーロッパ的な雰囲気を感じるけれど、あぁそう,アメリカ人なの。

9:ドイツのバンド、ストームウィッチの『Tears by the firelight』
 管楽器風の音色が物悲しい感じで好きだった。バックコーラス、つい歌ってしまいます。

10:王道、メタリカの『Fade to black』
 ギターの哀愁的メロディと棒的なVoの声が不思議とよく合うのね。ギターソロの疾走感がなんともキモチよい。フィンランドのチェロバンドがカバーしてるけど、やっぱりこの曲は本家の方が断然良い。絶対。

11:ドイツのバンド、スコーピオンズの『Wind of the Change』
 ドイツ統合の後に生まれた名曲。落ち込んだときに聴きたくなる曲。リズムギターはマイケルシェンカーのお兄さんで、彼らの父は建築家らしい。やっぱりステッドラーを使ってるかしら?

12:デンマーク出身の数学者(科学者だったかな)であるVo(King Diamond)率いるアメリカのバンド、キングダイアモンドの『Insanity』
 メタルバンドはアルバムに1曲は綺麗めなインストが入っていることが多い。

13:同じくキングダイアモンドの『The candle』
 Voは判りやすく言うと、聖飢魔Ⅱみたいなバンドで、Voは顔を白黒に塗って、裏声と低い声を使い分けて一人オペラの世界です。アルバム1枚がオペラ仕立てにストーリーが作られていて、見た目お馬鹿っぽいけど、結構すごい人なのだと思う。
 アルバムジャケットが、大学時代の同級生で仲が良かったYちゃんに似ているのだけれど、本人にそう言ったら嫌がられた・・・。私は最近又吉に似ていることに気がついた・・・。

14:大御所オジーオズボーンの『Mama、I'm coming home』
 実は一番好きな『The lire』が見つからなかった。
 この人もオペラ的なステージで有名です。子供が出来てからまぁるくなったようです。

ここからはメタルとはちょっと違うかな、という感じですが

15:イギリスのミュージシャン、ポールハードキャッスルの『19』
 ベトナム戦争に従軍したアメリカ兵士の平均年齢が19歳だったと歌っているのだと。
徴兵制度がある国だから、ミュージシャンもみんな軍隊経験者なのかしら。よく知らないけど。サンプリングで、心的外傷後ストレスに苦しむ人の声がサンプリングで入っています。日本は(今のところ)徴兵制度がなくてよかった。ね。

16:イギリスのバンド、デッドオアアライブの『I't been a long time』
 イギリスはテクノっぽい感じが流行ってたのか。Vonoピートバーンズは、野太い声と裏腹の、中世的な外見で魅力的だったけど、いまや化け物になっています。どうしてあんなにいじってしまったのでしょうかねぇ・・・。

17:ラヂオ番組のオープニングに使われていた曲で
 70年代のイギリスのバンドSWEETのカバーで
 ドイツのバンド、マッドマックスの「Fox on the run』
 能天気そうな曲。

18:最後はエンディングで使われていた曲で
 イギリスのバンド、シャイの『When the love is over』

19:同じくエンディング曲
 デンマークのバンドでスキャガラックの『This world』
 70年代と違って、キーボードの音が多様になって、オルガン系でない音色、ストリングス系で、メロディアス路線の質がガラッと変わったのは80年代だったかな。

 ディープパープルとかのころはオルガン系で、4のイングヴェイのバンドにいたハンス・ヨハンセンもオルガン系キーボードの速弾きでイングヴェイのギターの速弾きと掛け合いが売りみたいな曲が多かったね。

 なんか、学生時代も遠くなったなぁという感じ。
 製図室で音楽の話を一緒に良くしてたのは、音楽趣味が同じだった大仏ヘアのH君。
 今頃何聴いてるんでしょうか。懐かしいなぁ。

CDジャケットも、メンバーの写真でなければ、コテコテのイラスト物が多くて、結構面白いのですよ。部屋に飾るには適さないけど・・・。

2015年2月24日 (火)

You-Tube-6

珍しく風邪を引いていました。喉痛と頭痛がつらい風邪でしたが熱がそんなに高くならなかったので
あまり消耗はしなかったような気がします。

車を買い替え(ベーちゃんのエンブレムは記念のお守りにとってあります)、
パソコンも買い替え、気のせいか?音が良くなったので(といっても所詮パソコンのスピーカー・・・)

仕事中は音楽をかけっぱなしです。

最近は、ちょっとPOPに寄り気味な傾向があるようです。

ジブリさん、よかったら下ポチッとして聴いてみてね。

https://www.youtube.com/watch?v=QUwxKWT6m7U&list=PLPPIDbIxcrBP4uCYv1IvliS9y8Jzf1hcb&index=6

たれちゃんは、実物よりハンサムに出来上がったみたいね。
おでこがもうちょっとデコな印象ですが・・・

2013年8月30日 (金)

You Tube 5

北欧のチェロ奏者によるメタルバンド(?)

メタリカ好きなメンバーがメタリカのコピーをチェロで演奏したのが始まりで、
チェロ×3人+ドラムという構成で、
チェロという楽器の懐の深さが思い知らされます。
メタリカもバラードがすごく良いのだけれど
こちらもオリジナルの中のバラード系がとても良い(^^)

http://www.youtube.com/watch?v=5J-L_whkwrM&list=PLPPIDbIxcrBO10JmSE2Kv1D6HTLHWVzBf

アポカリプティカ

黒髪と金髪の二人が頭をブンブン振リ回して演奏する姿からは
想像もできないのですが
国立の音大出のチェロ奏者です。

2013年7月19日 (金)

YouTube-4

学生時代にはまっていた
スウェーデンの速弾きギタリストが日本フィルと共演していました。

http://www.youtube.com/watch?v=TbHc5i4O2tc&list=PLPPIDbIxcrBPNRaZm8GLopPZc-wfQaTXG

かつてのスレンダーでカッコよかった面影は・・・今はブタといわれているようですが・・・
流れるような指の動きは健在です。

彼の作曲した交響曲の公演なのですが、観客はどんな方々なのでしょうか。
『普通のライブ』だと最初から立ち上がったり歓声があふれかえっているものですが
影像を見る限りではクラシック公演のように椅子にかけたまま静かに聴いて
曲の終わりに拍手というパターンのようです。まあ、そうなるでしょうね。
暗くてよく判りませんが、観客はクラシックファンとして来ているのでしょうか?
インギーが好きなクラシックファンなのでしょうか?

改修工事が終わった松本の音楽文化ホールでも
ぜひこんな素敵な公演をしてもらいたいものです。

2013年7月 9日 (火)

命日

http://www.youtube.com/watch?v=isgyHpvhkJc&list=PLPPIDbIxcrBOTuWU7g48hI9UtMYwTNIU7&feature=mh_lolz

昨日は命日でした。

You-Tubeの、動画統計情報(日別)を見ると、毎年7月がぐんと伸びています。
忘れられない人がいるということです。

Midnight

2013年6月26日 (水)

YouTube-3

ヘビメタ好きを公言していたのに・・・・

最近アイドルにハマッてしまいました。

Taylor Swift。

http://www.youtube.com/watch?v=39BmN_rpHIs&list=PLPPIDbIxcrBPWMRZPPrj1jFYFWfI-3gDF

裏声でなく、いわゆる地声で結構な音域を出せてそれがすごく彼女の特徴になっていて

赤いワンピースでギターを弾きながら歌う姿がなんてかわいらしいのかしらheart01

と思っていたら、

なんかだんだん化粧がすごくなってきて、最近は別人のようです。

来日した時に同い年くらいの前田敦子と一緒になんかしている影像もあったのですが
なんか、きれいなお姫さまといやに幼稚な『平べったい顔族』の対談でしたwobbly

日本のアイドルとは格段の差があるパフォーマーであることは間違いないです。

アイドルなんていったら失礼・・・

Demi Lovato

http://www.youtube.com/watch?v=kwWX0ylkP0M&list=PLPPIDbIxcrBM8FQSr9MhJ3RruhHZQjOlF

こちらも大変身してしまったようですが・・・

笑顔がとてもかわいい女の子(でした)。
最近はホントに20代前半?ていう感じですが、歌唱力はすごいです。

2013年6月21日 (金)

健康男 農薬野菜

『健康男』という本を読みました。

座っている時間が長い人は、健康に支障がでる。
たとえ、運動をする時間を他に確保しても、座り続けることが良くない。

著者は、パソコン台を高くして、ルームランナーで歩きながら仕事をするようにして
調子が良いらしい。仕事の能率UPにも効果があるようです。

ちょっとうちの仕事場では無理そうです。
体を動かしながら仕事をすればまだ良いかも?
ビンボーゆすりとか?

残留農薬の多い農産物の摂取を控えること、というなかで、
残留農薬の多い作物リストの中に『ジャガイモ』とあって
ジャガイモなんて何も農薬使わなくてもできると思っているから
ビックリしました。アメリカ(著者はアメリカ人)ではジャガイモ栽培にそんなに
農薬を使っているのでしょうか?
土の中にできるものなのに残留度が高いということは
収穫後に防カビ剤とかやってるのでしょうか。
中国の『小麦粉にホルマリン』『ゴマに黒インク』よりはマシ?

自分では無農薬野菜を作りたいと思っているのだけれど
アブラムシだけはどうしようもなくて、大発生してしまった時だけ使います。
でも

隣の葡萄畑でスプレー車で散布しているのが飛んできていて

ガ~ン・・・・・・・・

安全なものを手に入れるのは難しい世の中ですね。

2012年11月29日 (木)

YouTube-2

余命宣告後なのかなぁ、というような

切ない歌い方・・・・・・・・・・・・・・・・・・

(Ikiotoさん、アレンジしてみませんか)

http://www.youtube.com/watch?v=isgyHpvhkJc&list=FL9n0XT81W3z_5lnX9hGcJow&index=4

2012年11月27日 (火)

久々のライブ

前の前の職場の後輩のバンドの久々のライブに行ってきました。

ベースの連弾(と言うのですかね)、演出もよかったです。
カメラを持っていけばよかった。

ステージ狭かったでしょ。

次は広いステージでしょうから、動き方とか表情の魅せ方とか
考えてるのかな。
ベースでメロディラインをとる部分があると、つぶやいてる感じがあって
演出的に生かせそうな気がしますが、大きなお世話?

応援してますよ~happy01

2012年10月27日 (土)

ゆ~ちゅ~ぶ

http://www.youtube.com/watch?v=LTG-uVV_6q0&feature=autoplay&list=PLPPIDbIxcrBN7DSFDgSFbr27MwV-8E6VI&index=5&playnext=4

より以前の記事一覧