建築探訪

2019年8月19日 (月)

ユニオンチャーチ ヴォーリズ講演会

軽井沢に行った目的は、ユニオンチャーチで、ウィリアム・ヴォーリズについての講演会参加です。

Photo_20190819113901
この教会は、A・ショーがこの地の美しさに感動し、宣教師仲間に広めたのが避暑地の始まりで外国人が多く集まり、集会所が必要になって、1906年(明治39年)に建てられました。
Cimg4629
格子の入った窓がステンドガラスのようにも見えます。広い空間はトラス組みの小屋で構成されています。トラスの下弦は真ん中で継いであり、下に補助材を4本のボルトで縫ってあります。鋼材のラチス梁で1ヶ所補強が入っていました。
Cimg4631

ヴォーリズ事務所は、戦前までで1484件の仕事をしましたが、それを一人でしたのではなく多数の所員を抱えてこなしていたこと、軽井沢事務所は現ミカド珈琲の建物にあり、夏の2カ月をここで過ごすことで避暑で集まってきた人々から仕事の依頼が多く得られたこと、当初から「和洋折衷」を意識した設計をしていて、広告にもジャパニーズテイストのの設計を謳っていたこと、商社は宣教のために必要な(宣教師のための)生活用具や建材などを輸入する目的で設立した、などの話を紹介いただきました。ヴォーリズは大戦中も日本に残るために帰化して、米来留という名前を得ましたが、これには、「アメリカから来て日本に留まる人」という意味が込められていたのだそう。終戦時には、同年・同郷の縁もあってか、和平工作のためマッカーサーと政府役人との間を取り持ったとか。
松本にも、教会、宣教師館(ヘニガー邸)、大同生命ビルなどがありましたが、全部解体されてしまいました。1軒、小学校の前の水色の洋館が、可能性があると言われていますが不詳です。
 

2018年9月18日 (火)

諏訪建物ウォッチング

恒例の歴史の里の秋のイベント、バスでお出かけ建築ウォッチング、今年は諏訪岡谷です。

上諏訪駅周辺と岡谷の旧市役所、中央印刷、林家住宅をめぐりました。

Cimg3648
まずは、諏訪の硫黄の香り漂う湯小路です。映画テルマエロマエⅡのろけにも使われた平湯温泉。残念ならが地元専用です。

Cimg3652

川のそばに建つ土蔵は、なまこ壁が地元産の鉄平石が使われ、その張りパターンも独特で見応えがあります。

Cimg3653

2つの土蔵がくっついた、何とも奇妙な(面白い)建物です。なんでこういう形に造ったのか???壁の塗分けの理由も不明。
土壁が、山をかたどった絵のようにも見えます。

Cimg3657甲州街道、国道20号線沿いには、諏訪五蔵と呼ばれる造り酒屋が並びます。土蔵は、内部空間の気温、湿度がある程度一定に保ちやすいので醸造業に向いているのだそうです。
むくりのついた重厚な屋根の建物です。

ここから先、上諏訪駅に向かう通り沿いには看板建築のオンパレードです。大正15年の御柱の準備の最中に出火して、男手が残っていなくて町が焼けてしまった後、商店街で、どのように街を再生するか相談し、震災後復興した銀座の街を見て、当時「バラック建築」と呼ばれていたファサードをてんこ盛りに(?)デザインした商店建築を採り入れて造ったのだそうです。

最後に、片倉会館・片倉館(浴場)の見学、そしてお昼代わりにお風呂を楽しんできました。

Cimg3661_3Cimg3663


バルコニーから見上げる妻壁のレリーフのモチーフはパイナップルで、「歓迎」の意味があるのだそうな。へぇ~。






2018年5月11日 (金)

岐阜市民会館

岐阜旅行の〆は、50歳におなりになった、岐阜市民会館。(坂倉順三 1967)
チケット窓口や、中のカウンターの台座のコンクリート叩き仕上げが良いなぁ。円弧の壁のタイルが艶めかしい。
ピロティの鋼管柱についている丸い輪っかは何ですか???

Cimg2880
Cimg2884Cimg2881Cimg2872










メディアコスモス

1階の天井は、信毎ビルに似てますね。
道路に沿って、遊歩道・ビオトープ的な緑地があって、ベンチがあって、木陰があって、良い感じでした。写真は人がいないときに撮りましたが、結構ベンチの使用率は高そうでした。こういう空間が、街には必要ですね。
Cimg2867

Cimg2868Cimg2887_2Cimg2871








岐阜の大仏殿

Cimg2848
大仏殿が、でで~ん と。


石原美術ビル

Cimg2852Cimg2860武田五一の石原美術ビル
表と裏がほぼ同じ。

Cimg2854Cimg2857内部は硝子越しに見せていただきました。


2018年5月 6日 (日)

岐阜駅前

岐阜の駅前は、新しいビルとアーケードの掛かった昭和レトロな商店街が隣接しています。

新しい綺麗な通り沿いに突然出現したまるで廃墟を思わせる巨大な壁面!圧倒的です。

Cimg2791

再開発により、今まで隠れていた建物の面が表に出てしまったようです。この裏側が、アーケードの商店街で、部分的に通り抜けられる部分がありますが「カベ落下危険・通行禁止」になっていました。

しかし、そこにたくましく商売をする人がいます。

Cimg2795_2Cimg2797





セラミックパークMINO

磯崎さんのセラミックパークMINO

Cimg2763谷間を渡る長いアプローチを経て、山に水鏡の空間に至る。昨年の御射ケ池のような、風景を写し込む静かな水面が、建物を惹きたてています。と言うか、水面と写り込む風景が無ければこの建物はあまり気が惹かれなかったかもしれません。ミースのパビリオンやF・ジョンソンのガラスの家を木造風でやったような。

いろいろな色合いの石を敷き込んだ段々の滝は、水の存在を訪れる人に印象付けます。建物の下の空間にも続いていて、地下空間では建物の壁天井に反響してうるさいほどですが、それを抜けたときに、山の中の静けさを感じます。

Cimg2781_2Cimg2786

Cimg2783

Cimg2773_2

多治見神言修道院

昭和5年に設立された多治見神言修道院は、地上三階、地下一階の木造建築で、建坪1千坪!コの字型に近いプランで、地階はワインの製造・貯蔵庫、3階は屋根裏部屋になっているようです。

設立当時はカトリック神言修道会の日本本部としての役割を担っていましたが、現在は神学生の修練の場として利用されているそう。訪れたときには讃美歌が聞こえていました。

建物の周りには、ブドウ園が広がり、奥の一角は墓地になっていて、ゆっくり散歩するのによい場所です。ブドウでワインを作り販売し、収入としているようです。

Cimg2757_2
入口から入ると正面に大聖堂があります。ホールの左右にフライングバットレスという構造を模したような小壁があり(おそらく耐力壁)、いくつもの三方壁の小部屋風になっていて、キリストの物語の絵が解説付きで飾られていました。木製窓にはパテ押えでステンドグラスがはめられていて、淡い色の光が厳かな感じを出していました。建物内で自由に見学できるのは大聖堂だけでした。

2018年5月 4日 (金)

モザイクタイルミュージアム

砂漠のオアシスの砦か、蟻の巣か、コーヒークリームを塗ったケーキか、建築らしからぬ外観ですが、中は心地よい空間で、階段室の潜った感じから屋上展示場へ出ると、屋内か屋外かどちらでもある空とつながった空間がとても気持ちよく、ウロウロ楽しんできました。白い丸タイルにやられた。
モザイクタイルの「ハーフユニットバス」、うちにも欲しい。
見て楽しい、使って嬉しいモザイクタイル。タイルを作ってみたい。

Cimg2722_2Cimg2727Cimg2731Cimg2733


Cimg2737_2Cimg2750











より以前の記事一覧