松本・安曇野・信州良いとこ

2019年7月 8日 (月)

化石鉱物博物館

町会で役員のおまけで、公民館報編集委員もやらされています。
先日、委員会で地区内で個人博物館をされている方の取材に行ってきました。

Cimg4475

元県の職員の方で、異動した先々で集めた化石などを、自宅の離れに展示しています。

Cimg4485

化石そのものよりも、それを発見した時の話が面白かったです。

セメントの塊のような石を割ってみると、内部に透明な結晶が出来ていたり、
鉄平石のような、層で割れる石を割ってみると、ほんの少しの厚みの中に圧縮されていろいろな化石が入っていたり。

ウニの化石が沢山あって、とげは化石になる前に取れて無くなってしまって、
本体だけのコロンとした化石は、草間彌生さんの南瓜を彷彿とさせるかわいらしいものでした。

玄関ポーチに置かれた亀甲石は、本当に亀の甲羅に見えます。

Cimg4481

庭の縁石もみんな化石。

Cimg4477

金華橋を渡って南へ道なりに下って西向きにいく途中、右手に小さな看板があります。

 

2019年5月 2日 (木)

中川アートセッション2019

Cimg4161

地面から浮いた生活もいろいろあるけれど
このくらいが心地よい。高いビルはやっぱり落ち着かない。

中川アートセッション2019 森の生活オープンハウス

光嶋裕介建築設計事務所

Cimg4162 2色使いの板張りの外壁

Cimg4166 入れ子のようなデザインの玄関ドアと「大きな階段と小さな階段」で遠近感がかく乱する感じ

Cimg4165 タイルと同サイズの板材のモザイク

Cimg4167 テラスの流しの背板のモザイクデザインは施主の娘さん(小学生)の作だそう。しびれる。

Cimg4168 

2019年4月17日 (水)

林城址

近くに住んでいるのに…初めて林城址へ行ってきました。

松林が綺麗でした。中腹からの薄川の桜が満開の景色も素敵でした。

Photothumb1_1 Photo_1thumb1_1  Photo_2thumb1_1

2019年3月11日 (月)

町会のお船竣工式

県宝に指定されている「里山辺のお船」の、住んでいる町会のお船が2年掛かりの修復工事を終えて船蔵に戻ってきました。

各パーツに分解して、補修して、漆の塗り直し、金箔の打ち直しなどを経て、ピカピカになって、町会の中では「大事にせねば」という気持ちで盛り上がっているけれど、いざ祭となれば、みんなべろんべろんに酔っぱらってどうなるか判らないなぁ。

31310

2018年11月10日 (土)

稲核の風穴




松本の西部の山間の稲核(いねこき)という地区に風穴という、山肌から噴き出してくる冷気を使った「天然の冷蔵庫」があります。蚕種業が長野県で発展し、日本の蚕業を支えた一端として蚕の卵をこういった場所で保管し、出荷時期の調整や病害対策が出来たことがあります。まさにこの地域はその発祥の地で、地元の方がたなどがその価値を後世に伝えるために頑張っていらっしゃいます。

そこに残されている明治時代の建造物には、当時の蚕業に深く関わりがあったことを示す職人さんの手仕事が残されています。壁面に漆喰で繭と桑の葉の模様が描かれています。看板の文字も糸を撚ったような縁取りがなされています。
 窓枠や壁の部分的なところの仕上げが特徴的でした。下地は黄土色で、その上に表面が凸凹した黒がかけられています。

Cimg3832Cimg3838Photo_3


そして

紅葉がとても綺麗でした。

Cimg3828_2





2018年9月18日 (火)

二重虹

Cimg3647
一週間で2度目の虹が二重だった。

2018年4月10日 (火)

山のたこ平

昨日は冷たい風が吹いて寒い一日でした。午前と午後の仕事の合間に、
懸賞で当たった入浴券を使って、有明の『山のたこ平』さんに行ってきました。

133
昼食時の時間のせいか貸し切り状態で、広々としたお風呂と露天風呂を堪能してきました。
ろ過器の振動がお湯に伝わるのか、ジンジンと刺激がお湯から伝わり気持ちよかったです。
脱衣所も広くて、綿棒も置いてあって、お掃除も行き届いていてよかったです。
いつも行っている美ケ原温泉より、お湯が「濃い」感じです。
松本平は北へ行くほど濃くなる感じがします。白馬まで行くと、肌がぬるぬる感じるほどです。穂高あたりが一番入りやすいかなぁ。

山のたこ平  立ち寄り湯  ¥500円  10:00~21:00
         弱アルカリの単純温泉
         神経痛、リュウマチ、糖尿病、胃腸病などに効果
         解毒作用が強く血圧を下げる、炎症をおさえるなどの特効性、美肌効果もあるそうです。

112

2018年1月30日 (火)

ヤマベボッサ

谷中から松本市の里山辺に移転開業した山辺ボッサさん(旧称谷中ボッサさん)に行ってきました。2年くらい前の建築士会の視察研修で谷中に行ったときにたまたまお会いして『明日松本に引っ越すんですよ』と言われ、「どの辺ですか」「里山辺です」「ご近所ですよ」という会話をしたのですが、ボッサさんは覚えていないだろうなぁと思い、何も語らず来ましたが、たまに近所の温泉でもお会いしているのです。
お店はママ会客とウチらで満席。ご繁盛のようで、やはり都会から来た人の方が商売がうまいなぁと思いました。
キッシュのランチをいただきました。人参とクリームチーズのキッシュがメインで、ポタージュスープ、里芋の煮物、大根のゆず味噌掛け、お漬物、玄米ご飯、カボチャのチーズケーキ(相方はチョコレートケーキ)、ミルクティ(相方は珈琲)という内容です。材料を吟味し、やさしい味に仕上がっています。肉や魚が無いと食べた気がしないという方にはどうかと思いますが、健康を考える年齢層にはぴったりだと思います。
お店は昭和の住宅をセルフリフォームで改装、2階の和室2間が客席のようです。ブラジル関係の本など置いてあります。次回行くときにはブラジルのメタルバンドViperのCDでも持って行こうかしら?

Cid_d2a38b8c1f2e4e4c9ed9830076a46d5Cid_d959d819b8ab4abc9796acbda026fa5





2017年7月17日 (月)

大町 北アルプス国際芸術祭 2

日本語表記では、「北アルプス国際芸術祭」、英語では『JAPAN ALPS ART FESUTIVAL』

ぢゃあ、南アルプスはどうよ?

理解の域を超えたもの、心にすっと入ってくるもの、いろいろですね。

Img_4222


Img_4230Img_4247

Img_4254


Img_4251





2017年7月16日 (日)

大町 北アルプス国際芸術祭 1

ほぉお~

Img_4236

耳の中のような・・・

より以前の記事一覧