松本・安曇野・信州良いとこ

2016年12月27日 (火)

横内勝司写真展

Photo_5

安曇市の高橋節郎記念館の土蔵棟で行われていた写真展に行ってきました。

最終日に間に合いました。

ギター製造のフジゲンの創設者のお父様である勝司さんは明治35年生まれ、まだまだ写真が普及していなかった時代に、日常生活の「スナップ写真」を撮っていた稀有な人物です。写真コンテストで数々の入賞を果たし「アマチュア写真界の鬼才」と言われていたそうですが、33歳という短い生涯と、戦争へと流れていく時代の中でその存在は忘れられてしまっていました。数年前にお孫さんにより小屋裏から大量のガラス乾板が見つけられ、昭和初期の松本の風景や人々の暮らしを伝える貴重な史料として紹介されました。また、写真家の石田道行さんによって、その写真家としての偉業が語られました。

松本市の神田の生まれということで、旧山崎歯科医院の赤煉瓦を焼いていたかもしれない瓦工場が風景に映りこんでいないかと期待していました。有りました。写真左手上部にうっすらと煙が上がっている小屋。まさしく、古いレンガが転がっていた辺り。明治20年代から焼いていたかという根拠にはならないけれど、ちょっと嬉しい発見。

目当てはこの写真ではあったけれど、横内さんの写真は、まだまだ機材も高価だった時代に、何気ない日常の中の気持ちがふっと和むような場面が切り取られていて、心がさわさわとします。生き生きとした子供の表情や、時代に翻弄されて戦地へ赴く若者たちの凛とした表情など、今の時代が失ってしまったものが遺されていると思いました。



2016年8月31日 (水)

一面蕎麦畑

台風一過  晴れた空  涼しい風・・・・  今日は午後文化財関連の調査

P1050667
お盆頃に蒔かれた蕎麦が、白い花を付けています。一面の蕎麦畑。綺麗。(写真がいまいち・・・・)

2015年10月24日 (土)

四賀

9_27_3なんか綺麗だなぁ。

釣したいなぁ。

 

のんびりしたいなぁ。

という風景に出会いました

2紅葉と古い建物はお似合いです。

 

橋の下には綺麗な川が流れています。




で、
また
『釣したいなぁ』と思うのでした。

2015年10月 1日 (木)

狛犬

調査に寄った『大妻神社』の一コマコマイヌ。

Photo
リーゼント、似合ってます???

頭に載せてる帽子はなあに???

この神社は石像がたくさんあります。

2015年4月17日 (金)

花いかだ

Ikad_4
松本城の太鼓門横の花いかだ
今年は早く暖かくなって開花が早かったけれど、満開の時期に気温が下がって花が綺麗だった気がします。それでも昨日今日のぽかぽか陽気で一気に散ってしまうかな。
散り始めて黄緑色の若葉が出てきた頃の桜が好きです。

それにしても

ピントがどこに合ってるんだか・・・・
いちおう水面??・・・・

2015年4月13日 (月)

画家 近藤光紀

88111



調べ物をしていてグぐっていてたまたま見た絵に既視感・・・・

昨年度の文化財課からの委託調査中に見た風景と重なりました。

721_2
水路に蓋がかぶせられ、土蔵の後ろの樹がでっかくなっています。

描いた近藤さんという画家さんは、戦時中に浅間温泉に疎開してきていて、終戦後、帰る家が不法占拠されていて帰れず、昭和23年に水源の汚染が原因で浅間一帯に流行った腸チフスでお亡くなりになってしまったのだそう。上の絵は亡くなる数カ月前に描かれたもの。上流家庭の出で、上品さが作品にも表れていると、解説に描かれていましたが、私には良くわかりません。でも、明るくて気持ちの良い絵だと思います。
土蔵と一緒に、西日に照らされて、日が沈みいく北アルプスを眺める近藤光紀さんの姿が見えてきそうです。

2014年12月 3日 (水)

欅と土蔵、そして紅葉

文化財調査の途中で出会った素敵な風景

P1030413

 P1030422_3

         そして
         バス(集会施設)

P1030449_2



2014年11月13日 (木)

紅葉-落葉

秋もすっかり深まり、庭木の葉も、紅葉から落葉へと移りつつあります。

週間予報によると、来週の最低気温は氷点下になっています。

そろそろ冬支度が必要です。

寒いけれど、生姜たっぷりスープがおいしい季節です(^^)。

昨日はラーラ松本に行ったら臨時休業中だったので、
大手にある大正末に建てられた塩井の湯に行ってきました。
温まりました。大きい浴槽で、静かで、気持ちよかった。

2014年10月16日 (木)

歴史の里のご案内

歴史の里の2回目、3回目の講座のご案内です。

23

※画像をクリックすると拡大します。

2014年9月26日 (金)

心地よい場所

台風が去った空は切れのよい青空で

歴史の里の裁判所の建物をバックに蕎麦の白い花と穂の垂れ下がった黄金色の田んぼが
とても気持ちに心地よい風景になっていました。

心地よい風景は、ただぼんやり見ているだけでなんとなく幸せな気分になれます。

そういう風景を建物や街に取り込んでいけばいいんだな、

ということですかね。 せっけいとは

明日、歴史の里の講演会、写真パネル展始まります。

より以前の記事一覧