日記・コラム・つぶやき

2017年12月30日 (土)

thank you

Littlemy440x440ちびのミイは怒りっぽく、口も荒いのですが、前向きで、親切なところもある女の子です。何でもないような事にも、苛立ってしまいますが、悪意は決してありません。時に、過剰に感傷的になっている人を見ると、鋭い観察力でさとし、あっという間に現実に目覚めさせることができます。

なかなかな奴ですな。

来年は、怒りっぽくなく、やさしい口調を心掛けたいと思います。

今年一年お世話様になりました。

来年もどうぞよろしくお願いします。

2017年12月28日 (木)

右目の視界にぼんやりと影が出来ていることに気が付き、年末最後の診療日に眼科へ行き検査をしてもらいました。網膜のところに小さな水膨れみたいなものが出来ているとのことで、症状を改善させる二種類の薬を出してもらいました。これで飲む薬が四種類。半世紀近くも生きるといろいろガタが出てきます。
正月はパソコンから離れるから少しは改善するでしょうか。とりあえず手術とかは要らないみたいでよかった。

2017年12月24日 (日)

新年を迎える準備

去年貼り換えたけれど失敗してシワシワだった部分と強風でビロビロに破れていた障子を、手伝ってくれる人がいて、新年を迎える前に気持ちよく張替えが出来ました。ありがとうね。

障子紙は、去年は「二倍強い」紙だったけれど、今年買ったのは「4倍強い」紙。
これが、紙にハリがあって、貼りやすかったので、メーカーさんは「4倍貼りやすい」もキャッチコピーにしたらもっと売れるんではないかと思った次第。

Cimg2531_4

2017年9月24日 (日)

うさぎドロップ

茉奈ちゃんにやられた。

2017年9月11日 (月)

松本安曇野住宅建築展

昨日まで、松本市美術館で開催されていた、地域の建築家に皆さんによる展示会&ワークショップ

今年のテーマは「いごこち」

信州の心地よさを住宅に引き入れ、繋げ、感じられる住宅の写真パネル展示です。

ワークショップは、松くい虫の被害木で作った積木で子供の想像力を掻き立てるものでした。

また来年も楽しみにしていますよ!

西山卯三の住まい採集帖 展

その2

LIXILギャラリーで開催中

P21235
兎に角!
絵がうまい!楽しい!

西山さんの住まいと暮らしの変遷、日本の住宅事情を
見て書き取って解説を加えたもの、漫画家を目指した子供のころからのノートなどが展示されています。

見知らぬオジサマに「楽しいねぇ」と話しかけられ

「そうですねぇ」と笑顔で返せる展示会でした。

「日本の家」1945年以降の建築と暮らし 展

住宅(民家)は、長い間、少しずつの変化はあるものの、その地方の素材や伝統技術で造られてきて、「地域的特色」を持つものであったけれど、明治以降、情報や物質の伝播・運搬のスピードと多量化で、地域格差(特色)が無くなりつつあります。人目を惹く奇抜なデザインが乱立した経済高度成長期を過ぎ、最近は暮らしの充実感を求められている感じがします。
住宅、暮らしの変遷をまとめた展覧会が同じ時期に開かれています。

その1です。

国立近代美術館で開催中の「日本の家」

小さな空間をいかに工夫して、暮らしやすさ、楽しさ、空間の美しさを創り出すか、
建築家の苦心の集大成である住宅、
施主と建築家が楽しんで造った「ものつくり」の成果品である住宅、
単に生活する箱ではなく、外・社会とのつながりを生み出す工夫にあふれた住宅、
背景にある社会情勢で、建築家の設計に対する考え方も変わってきたのだなと納得でき、
これからはどうなっていくのだろうかと考えました。

ミサイルに負けない家とか、ってことは無いように・・・・・

Photo_13Photo_14


2017年8月23日 (水)

鉛筆の歴史

Cimg1914実家に眠っていた鉛筆1ダース

北星は明治末頃から鉛筆製造を始めています。

この鉛筆は、昭和20年代とのこと。

建築史の研究には、関わる道具の歴史の勉強も必要です。毎日、新たな「へぇ~」に巡り会います。


2017年8月16日 (水)

緑化もなかなか大変です

広いので何をどこに植えたらよいか試行錯誤しながら・・・。

花の咲く時期、咲いた後の片づけのし易さ、天候不順に強いかなど、
知識が無いとなかなか見栄え良くなりません。

見れるものになるのには、後何年かかるかしら・・・・

Cimg1909_2ツルニチニチソウ
ポーチュラカ(松葉ボタン)
マツバギク
クロコスミア
アベリア
マリーゴールド
ケイトウ

あと名前が判らないものいくつか



ちょっと写真的には花の時期逃した・・・

2017年8月14日 (月)

窓掃除

お盆前に急ぎの確認申請を出してきたので、役所から返事が来たらすぐ対応できるように
お盆の帰省は市役所のお休みと同じカレンダー通りの連休3日間でした。
下道で2時間だから、帰省というほどでもないし、3日前に、発電所のメンテで帰ったばかりなのだけど。

戻ってきたけど、役所も交替でお休みをとるのだろうし決済も遅くなるのでしょうね。
今日は時間が出来たので、ずっと気になっていた窓掃除をしました。
年末は実家の窓掃除で疲れ果てるので、これからもウチの窓掃除は夏にやろう。

暑い暑いと思っていても、田んぼの稲は穂が垂れてきて、虫の声も秋の虫になって来て、
着実に秋の気配が近づいて来てます。

より以前の記事一覧