2018年7月14日 (土)

曾根原家の改修工事現場見学

安曇野市にある、現存する最古の本棟造りと言われる、重要文化財に指定されている曾根原家住宅の改修工事の現場見学会に行ってきました。メインは、石置き板葺きの屋根改修です。

Cimg3052_3Photo_2

20年ほど前に行われた改修以来の工事ということで、屋根の状態はこんな感じ。
椹板は長さ3尺、葺き足は3寸、つまり、板は10枚重ねということになります。
板の先端から20センチ程度までは傷んでいますが、奥の方はきれいなまま。
割板の表面に出来る繊維の溝が程よい通気を保つからだそうです。
工事の計画段階では、板の腐食がこの程度であることが判らなかったため、
全面取替えの計画で進んでいたため、降ろした板は選別して使えるものは今後のメンテナンス用に保管するとのこと。本来は毎年点検して裏返したり上下逆にして差し替えたりして、材料費は掛けずにメンテナンスしていくのが、民家である板葺き屋根のメンテナンス方法で、35年以上保つのだそうです。
右の写真の部分は、破風の笠木の銅板の水下部分。この部分だけ若干板の腐食が少ないのは
銅板から流れ出る緑青(錆)の殺菌作用の効用なのだそうです。

10Cimg3055





今回の工事では、本来民家では椹は使われていなかったのではないかということで、杉板です。
丸太を3尺の長さに切ったものを、鉈のような刃物を当てて木槌で叩き込み、割っていき、
まず8分厚さの材を作り、半分に割り、半分に割り、で、2分厚さの板にします。
割るというよりは、刃物を叩き込むのは最初だけで、刃を捻るようにして剥いでいくという感じです。
板を作るのは、乾燥させる前の木の方が作業が楽なのだそうです。特に栗は固くなって大変なのだそう。
軒先の方から葺いていきます。葺き足3寸で、下の板の付き合わせ部分をまたぐように板を重ねていきます。
葺き長さ1mくらいごとに短い釘を打ちますが、これは江戸中期の民家としてはあり得ないのだそうです。
ずれてしまわないようにするためですが、短い釘なので、メンテナンスの板の差替えの時には
板を持ち上げることで抜けるのだそうです。
メンテの差し替え作業は梶棒のようなものを差し込んで持ち上げておこないま
す。茅葺の工法と似てます。
板は基本的には置いてあるだけなので持ち上げれば隙間ができるくらいは浮きますが、
10枚も重なっているので、相当な強風でも捲れあがることはめったにないそうです。
ただし、軒先やケラバは押えが効きにくいので、対策として高さのある「堰板」を取付けるのだそう。
堰板は、石の転がり落下防止よりもこの方が重要な役目だとのこと。
今回も新たな「へぇ~」に出会いました。

2018年6月24日 (日)

夏のお花

春の花も終わり、ナツツバキも散って来て、これからしばらくは垣根のアベリアが綺麗に咲いてくれると思います。足元にはポーチュラカも植えました。
玄関脇に実生で育ってきたナンテンも満開です。冬の赤い実も綺麗ですけど、花もかわいいです。

Cimg2927_2

Cimg2930




梅漬け

今年は梅が豊作で、実家から空き瓶を借りてきて漬けました。

月初めには、施主さんから小梅と中梅をいただき、漬けています。
酢と砂糖で、一部の瓶には塩も使いました。
赤シソの葉が収穫出来たら漬け足します。

夏の間のかき氷のシロップになります。

Cimg2925_2

2018年6月14日 (木)

漆塗りの見学

町会のお舟(山車)の修復をやっていて、今日は町会の保存会の方々にくっついて、漆塗りの工場見学に行ってきました。木曽の平沢にある作業所で、名古屋城の復元にもかかわった職人さんたちによって修復工事が行われています。先日TV放映された名古屋城の漆塗りの作業風景は、実はこのお舟の作業だったという内緒話(内緒になってませんね)もありました。
大工さんによって分解、木部補修が行われた細かい部材の数は、他の地区のお舟にも類を見ないほど多いそうです。その細かいものも、一つ一つ、多くの工程を経て修復されています。こすり出しによって元の塗装の色、種類を確認し、剥がれる既存の塗装はこそぎ落とし、とのこで大まかな補修をした上に、さび土と漆を練り込んだもので均し(いわゆるパテこすりみたいな感じ)、研ぎ出し、の作業を何回かやって、中塗り、仕上げ塗りになります。その間にも研ぎが入るらしい…、気の遠くなるような工程です。作業所は漆の乾燥に適した高めの湿度に管理されています。
この後、箔貼り、再組立てとなり、町会の蔵に戻って来るのは秋口の予定です。
Cimg2919Cimg2916

Cimg2915Cimg2917Cimg2921

Cimg2923_2

砥の粉(下の容器)と錆土(上の容器)。錆土は楢川で採れるそうです。
粒子がとても細かい粘土土のようなものです。

4面塗装の部材はこんな感じで吊るして干されています。

台輪という部材がねじれてしまっていたので、左右のうち右の1本は取り換えとなりました。もとはカバ桜だったそうです。

2018年5月11日 (金)

岐阜市民会館

岐阜旅行の〆は、50歳におなりになった、岐阜市民会館。(坂倉順三 1967)
チケット窓口や、中のカウンターの台座のコンクリート叩き仕上げが良いなぁ。円弧の壁のタイルが艶めかしい。
ピロティの鋼管柱についている丸い輪っかは何ですか???

Cimg2880
Cimg2884Cimg2881Cimg2872










メディアコスモス

1階の天井は、信毎ビルに似てますね。
道路に沿って、遊歩道・ビオトープ的な緑地があって、ベンチがあって、木陰があって、良い感じでした。写真は人がいないときに撮りましたが、結構ベンチの使用率は高そうでした。こういう空間が、街には必要ですね。
Cimg2867

Cimg2868Cimg2887_2Cimg2871








岐阜の大仏殿

Cimg2848
大仏殿が、でで~ん と。


石原美術ビル

Cimg2852Cimg2860武田五一の石原美術ビル
表と裏がほぼ同じ。

Cimg2854Cimg2857内部は硝子越しに見せていただきました。


2018年5月 6日 (日)

名和昆虫博物館




武田五一の、昆虫博物館。三角屋根の建物は明治40年、白い方は大正7年竣工。白い建物の1階には、場違いな感じの丸柱がででんっとあるのですが、調べてみたら、『奈良唐招提寺金堂と講堂の解体修理時、白蟻被害木(約1200年前のヒノキ材)を取り替えた際に、交換、保管されていたものをもらい受け再利用したもの』なのだそうです。

三角屋根の方は開館していませんでしたので外観のみ。白い方は、一歩入ると昆虫のざわめきが聞こえそうなほど虫虫虫虫・・・・。中には、ナウシカの場面に出てきそうな奇妙な形の虫も。展示方法に工夫があって、クイズ形式だったり、「秘密の箱」入りで開けて見るようになっていたり。蝶の標本の留め方もとても美しくてまるでキルトの様。

Cimg2827_3
Cimg2833

Cimg2837


Cimg2838

Cimg2844

長良川まち歩き

長良川周辺まち歩き
煉瓦の塀は、古いレンガを積み直したものみたいです。
素敵な和風旅館(旧?)食事ができるようです。雨戸廻縁など芸が細かい。
小さな川沿いに、材木屋さんのオフィスがちょっとおしゃれ。
流れに面してガラス張りのコーナーがありました。

Cimg2817_2

Cimg2818_2Cimg2819_2

Cimg2821_3






«長良川国際会議場