« 2020年2月 | トップページ | 2020年4月 »

2020年3月22日 (日)

四賀本陣の離れ

離れは和洋折衷の建物です。

襖の引手が秀逸!
14

玄関ドアのシマシマウネウネ型ガラスは気泡入!
8

洋間の型板ガラスは中町のみどり薬局さんで見たものと似ている!
7

 

四賀本陣

  四賀本陣の障子張り替えボランティアに参加してきました。
70本くらいある障子に、元の位置に戻しやすいようにタグを取付けて庭に運び出し、長年かけて蓄積された埃を洗い流して紙を剥がし、綺麗に拭いて乾かす、という作業を今日は終わらす予定でしたが、2階分の障子で予定の時間になり、次回以降の日曜日の午前中に繰り越し、来週は、2階分の紙張と1階と離れ分の洗い作業予定です。今日は畳屋さんも来ていました。次回は畳が敷かれた様子を見れそうです。
モノがあふれていた台所と物置が食堂になり、奥の部屋には立派な厨房機器が据えられて、客室には洋バスやシャワーが付き、オープン目指して準備中です。
来週、再来週日曜日、ボランティア募集中です。
障子貼り、経験者が指導してくれるようです。現場見学も兼ねてお越しください。

12 1_20200322211901 9

※コロナ対策で、暫く延期になりました。

6 13 15

4 2_20200322212001 5

 

2020年3月 4日 (水)

松門文庫の養生

  松門文庫の窓のパテが劣化してしまい、ガラスの固定が出来なくなっていてガラスが割れてしまい
雨風の吹込みが建物を傷めてしまうので有志で養生工事をしました。
地域(浅間、本郷地区、松本市)の宝物であり、建築的・歴史文化的・蚕業史的・景観的価値が高く、後世に残していくべき建物との思いからです。文化財の工事を多く手掛けている信頼できる工務店さんにお願いしました。

Photo_20200304193101  Photo_20200304193201  Photo_20200304193202

2階の引違窓は外して保管し、窓の枠に下地材を仮付けして波板を取り付けました。

1_20200304195301  F 1階の上げ下げ窓は外すのが難しいので上から取り付けました。

Photo_20200304195501 2_20200304195401 内観は障子が嵌っているような雰囲気。

早く修理工事が出来るようになりますように。

 

2020年3月 3日 (火)

旧制松高

あがたの森、旧制松高の講堂の改修工事が行われていますが
前の前の職場で、前回の改修工事の4か年工事のうちの最後の1年を担当しました。
最後なので工事的にはほんの少し、トイレ等の増築が主でしたが。

大正時代の建物らしく、外壁はオイルペイント。
その塗装工事は、OP(商品名でいうとHi-CRデラックス300Gで補修塗り。
気を付けるのは、既存の塗膜を落としすぎないこと。
文化財の補修工事の原則です。
浮き塗膜だけを落として塗装します。

ですが、

既存塗膜を残して塗ると、剥がれやすいんですよね。
実際は
ある程度サンドペーパーで落として、欠損部はエマルジョンパテにて不陸調整して
洗浄乾燥
Hi-CR下塗り 白
Hi-CRデラックス300G中塗り
同 上塗り

色については既存部分をサンドペーパーでこすり出しをして塗膜の層を観察して
色を判定します。また、古い白黒写真の印影判断および塗膜分析をして決定した、と
工事の報告書にあります。こすり出しの場合、今までの塗装による色の変遷が見えて面白いです。
時代により流行の色があったのでしょうか。
下塗りの色を仕上げの色を間違えないように、
仕上げの色は、仕上げであった期間に退色していると思われるので若干色が違っている可能性があるので
こすり出しは紫外線の影響を受けてい無さそうな場所で行うのが良いです。

内部の塗装は、こすり出しの結果、ワニスの上に後補でオイルペイントが塗られていたことが判ったので
全部落として清掃乾燥
状況に応じてOSで色合わせ塗装
赤白セラックニスで修繕部タッチアップ
スーパーワニスで仕上げ塗り2回

以上、前回の修理工事の報告書から抜粋ですが、塗装工事について簡単にまとめてみました。

« 2020年2月 | トップページ | 2020年4月 »