« 夏の軽井沢 | トップページ | 仕事場 »

2019年8月19日 (月)

ユニオンチャーチ ヴォーリズ講演会

軽井沢に行った目的は、ユニオンチャーチで、ウィリアム・ヴォーリズについての講演会参加です。

Photo_20190819113901
この教会は、A・ショーがこの地の美しさに感動し、宣教師仲間に広めたのが避暑地の始まりで外国人が多く集まり、集会所が必要になって、1906年(明治39年)に建てられました。
Cimg4629
格子の入った窓がステンドガラスのようにも見えます。広い空間はトラス組みの小屋で構成されています。トラスの下弦は真ん中で継いであり、下に補助材を4本のボルトで縫ってあります。鋼材のラチス梁で1ヶ所補強が入っていました。
Cimg4631

ヴォーリズ事務所は、戦前までで1484件の仕事をしましたが、それを一人でしたのではなく多数の所員を抱えてこなしていたこと、軽井沢事務所は現ミカド珈琲の建物にあり、夏の2カ月をここで過ごすことで避暑で集まってきた人々から仕事の依頼が多く得られたこと、当初から「和洋折衷」を意識した設計をしていて、広告にもジャパニーズテイストのの設計を謳っていたこと、商社は宣教のために必要な(宣教師のための)生活用具や建材などを輸入する目的で設立した、などの話を紹介いただきました。ヴォーリズは大戦中も日本に残るために帰化して、米来留という名前を得ましたが、これには、「アメリカから来て日本に留まる人」という意味が込められていたのだそう。終戦時には、同年・同郷の縁もあってか、和平工作のためマッカーサーと政府役人との間を取り持ったとか。
松本にも、教会、宣教師館(ヘニガー邸)、大同生命ビルなどがありましたが、全部解体されてしまいました。1軒、小学校の前の水色の洋館が、可能性があると言われていますが不詳です。
 

« 夏の軽井沢 | トップページ | 仕事場 »

建築探訪」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 夏の軽井沢 | トップページ | 仕事場 »