« 2019年7月 | トップページ | 2019年9月 »

2019年8月19日 (月)

ユニオンチャーチ ヴォーリズ講演会

軽井沢に行った目的は、ユニオンチャーチで、ウィリアム・ヴォーリズについての講演会参加です。

Photo_20190819113901
この教会は、A・ショーがこの地の美しさに感動し、宣教師仲間に広めたのが避暑地の始まりで外国人が多く集まり、集会所が必要になって、1906年(明治39年)に建てられました。
Cimg4629
格子の入った窓がステンドガラスのようにも見えます。広い空間はトラス組みの小屋で構成されています。トラスの下弦は真ん中で継いであり、下に補助材を4本のボルトで縫ってあります。鋼材のラチス梁で1ヶ所補強が入っていました。
Cimg4631

ヴォーリズ事務所は、戦前までで1484件の仕事をしましたが、それを一人でしたのではなく多数の所員を抱えてこなしていたこと、軽井沢事務所は現ミカド珈琲の建物にあり、夏の2カ月をここで過ごすことで避暑で集まってきた人々から仕事の依頼が多く得られたこと、当初から「和洋折衷」を意識した設計をしていて、広告にもジャパニーズテイストのの設計を謳っていたこと、商社は宣教のために必要な(宣教師のための)生活用具や建材などを輸入する目的で設立した、などの話を紹介いただきました。ヴォーリズは大戦中も日本に残るために帰化して、米来留という名前を得ましたが、これには、「アメリカから来て日本に留まる人」という意味が込められていたのだそう。終戦時には、同年・同郷の縁もあってか、和平工作のためマッカーサーと政府役人との間を取り持ったとか。
松本にも、教会、宣教師館(ヘニガー邸)、大同生命ビルなどがありましたが、全部解体されてしまいました。1軒、小学校の前の水色の洋館が、可能性があると言われていますが不詳です。
 

夏の軽井沢

Photo_20190819113501 軽井沢に行ってきました。夏の軽井沢はやはり人が多すぎ・・・。

1 
避暑を目的とした日本人の別荘第1号の「八田別荘」は、人気が無く苔の林の中にひっそりと佇んでいました。

Photo_20190819113301
神社の鬼瓦がホントに鬼でした。こんな鬼、初めて見た。

Cimg4613
川に覆いかぶさる緑が、いろいろな形の競演で綺麗。新緑の頃や紅葉の時期も素晴らしいと思います。

 Photo_20190819113501 Photo_20190819113601

Photo_20190819113602
昭和6年築の室生犀星記念館は、修理が終わって、屋根は銅板ピカピカでした。もとはこけら葺きだったものを瓦棒葺きに改修されていたものを、今回は銅板葺きにしたそうです。暫くしてピカピカがくすんでくれば、元の杮葺きに近い趣になるでしょう。よく見る柱だけでなく、建具の縦格子も部品の部分補修(継いである)がしてありました。それにしても苔庭が綺麗!軽井沢の魅力です。松本でなこれほど綺麗に苔が出来ないと思います。軽井沢の冬は冷え込みが緩いのでしょうか?

2019年8月 5日 (月)

檜皮葺きの改修工事

国宝の仁科神明宮の檜皮葺の改修工事の見学会に行ってきました。特別、普段は工場でやっている檜皮葺きの材料の加工を現場でやって見せてくれました。

Cimg4571 桧の皮は大体3㎜~5㎜くらいの厚さで剥(む)かれてきたものを剥(は)いで薄くし、幅方向にずらして重ねた部分を特殊な形の包丁の尖った部分で5㎝程度の間隔で打ち、くっつけます。針無しホッチキスのような感じです。
 Cimg4576 Cimg4579  

幅9㎝、長さ75㎝くらいに整えたものを屋根の基本的な部分に使い、細かいものは軒先や谷などの特殊な形状の部分に使います。
 Cimg4577   Cimg4582 Cimg4584

葺く時は、檜皮がずれにくいように水で濡らして並べ、左手で押えながら右手だけで竹釘(燻すことで防腐加工されている)を使って打って野地に留めていきます。檜皮を押さえていて左手が使えないのを補うため、竹釘は口にある程度の本数を含み、舌で釘の頭を先にして押し出して玄能を持つ手で取り、打ち付けます。とても速いリズムで、写真に写りませんでした。野地は、屋根が蒸れないように、板と板の間を空けた「野小舞」となっています。檜皮の葺き足は12~15㎜くらいで、厚さは90㎜くらいになります。
Cimg4590 Cimg4592

足場の椅子の脚には下に頭が出るように釘が打ってあり、スパイクのような感じで屋根面に食いつくような工夫がしてあります。口に釘を入れているので、3人の職人は会話も無く、けれどぴったりと息があった感じで見ていて飽きません。
桧の皮は、7~10年くらいで再生しまた採れるようになり、最初より2回目以降の皮が、表面の荒皮が無く上質なもので、杉などは表皮にコルク質があるため皮の再生が難しく、綺麗に薄く加工することも難しいのだそうです。施工の田中寺社さんとの取引先である山梨や岐阜の山でとれた檜皮が今回使われています。昔は地場産だったのでしょうけど。

2019年8月 2日 (金)

上越

博物館協議会の視察研修で上越に行ってきました。松本市と同じように城内にある博物館です。昭和47年に建てられた総合歴史博物館を(総合ではない)歴史博物館に「リノベーション」してリニュアルオープンしたものです。1階と屋上を売店・カフェ・展望台として無料開放し、2階を歴史博物館にして、プロジェクションマッピングやタッチパネルなどを多く取り入れ、触っても良い展示や、画像を映像操作で自分の見たいところを拡大して見れるなど、「見せられている」感でなく「自分から見る」気持ちになれる展示だと思いました。
 
昼食のお寿司屋さんはブッチして、近くにあるヴォーリズの教会を見に行きました。
Cimg4546 Cimg4545
昭和13年築。入口上の破風の拝み部分の飾り(?)が微妙…。懸魚のようにも見えます。瓦には一見カジノ葉に見えたけれどモミジのようです。十字架も付いています。
松本にもお城の近くにヴォーリズの教会がありました。こんなところにも共通点が。
Cimg4542
外堀には蓮が満開でした。朝行けばもっと美しいそうです。松本城の西堀も、かつては蓮の名所だったそうですから、負けず劣らずな風景だったと思います。

« 2019年7月 | トップページ | 2019年9月 »