« 2019年6月 | トップページ | 2019年8月 »

2019年7月15日 (月)

大正時代の土蔵

  建築士会に入ってすぐの頃にやったまち歩きガイドのコースにあって、
仲間内で五連倉と呼んでいた、5棟の土蔵が並んで建っていたちきりやさんの蔵。
しばらく前に3棟解体され残っていた2棟も解体されることになりました。

解体業者さんのご好意で、棟書きを見せていただきました。

   Cimg4496

大正14年築、大工棟梁 中村宗市

昭和6年の松本市大工組合の組合旗の製作と披露会への寄付金芳名掛け軸に名前が載っている人物です。
197名中10人目に書かれていて、寄附金額も7番目に多く、手広くやられていた人物であることが窺われます。

Cimg4503

大正時代にもなると、大空間では小屋組みもトラスが普通となり、金物も使われています。
外観は全く普通の土蔵でしたが、壁には土壁が使われておらず、コンクリートで、
いわゆる「木骨混凝土造」(もっこつこんくりーとぞう)です。

「単なる土蔵」も、同じ県内でも南信州の方では外壁の水切りが無いとか、
市内でも西方面は窓周りの左官仕事が凝っているだとか、
地域性があって面白いことは昨年の歴史の里のパネル展の製作過程で判っていたのですが
構造の変遷も調べてみると面白いかもしれません。

 

工作 脚立

脚立を作ってみました。一応折り畳み式。

66095991_1256517557843584_21516801016311

材料費は2000円ちょっと。設計、材料買出し、製作で正味約1日。高いのか安いのか?

楽しかったから良いのです。

このところ、何か作るときには工務店さんに材料のカットをお願いしていました。
機械で切るので切断面が綺麗だし、溝彫りもしてくれるから。
今回は自分で欠き込みの彫りもやりました。のみと彫刻刀が久々の活躍。
材料はSPF材(シダー・パイン・ファー:杉・松・樅の類の総称というか…)なので
あまり堅くなく、結構サクサク彫れました。脚が踏板材に対して放射状にとりつく部分の
角度の切り出しが難しくてこずりましたがまぁ満足。

半年後の庭木の剪定に活躍予定です。

 

2019年7月 8日 (月)

化石鉱物博物館

町会で役員のおまけで、公民館報編集委員もやらされています。
先日、委員会で地区内で個人博物館をされている方の取材に行ってきました。

Cimg4475

元県の職員の方で、異動した先々で集めた化石などを、自宅の離れに展示しています。

Cimg4485

化石そのものよりも、それを発見した時の話が面白かったです。

セメントの塊のような石を割ってみると、内部に透明な結晶が出来ていたり、
鉄平石のような、層で割れる石を割ってみると、ほんの少しの厚みの中に圧縮されていろいろな化石が入っていたり。

ウニの化石が沢山あって、とげは化石になる前に取れて無くなってしまって、
本体だけのコロンとした化石は、草間彌生さんの南瓜を彷彿とさせるかわいらしいものでした。

玄関ポーチに置かれた亀甲石は、本当に亀の甲羅に見えます。

Cimg4481

庭の縁石もみんな化石。

Cimg4477

金華橋を渡って南へ道なりに下って西向きにいく途中、右手に小さな看板があります。

 

« 2019年6月 | トップページ | 2019年8月 »