« 2018年6月 | トップページ | 2018年9月 »

2018年7月30日 (月)

環境衛生協議会視察研修

地区の環境衛生協議会の視察研修で、松本市内のごみ処理関連の施設見学に行ってきました。
まずは「エコトピア山田」。ここでは、陶器やガラスなどの埋め立て前処理、蛍光管のリサイクルに回すための処理、埋め立てゴミと焼却灰の埋め立て地を見学しました。陶器やガラスは分別の確認をしてから500円玉程度まで破砕して埋め立てます。蛍光管は専用の機械に入れると、ガラスと水銀、口金などのアルミ部材に分別され、ガラスはセメント材料やグラスウールに加工する工場に出荷されます。水銀は研究施設の実験用に使われるそうです。敷地の奥に埋め立て場所があり、クリーンセンターからの焼却灰が奥に、手前に破砕ゴミが埋め立てられています。焼却灰は予想を超える量で、後8年くらいで一杯になるそうです。写真の車が停めてある部分で高さは50mくらいだそう。谷の奥に堰堤が造ってあって、埋め立て地からの雨水等の浸透水が集められ、水質検査してから下水に流しているそうです。
次は民間の中間処理施設「シンエコ」。ここでは古紙とパソコンのリサイクルを見学しました。敷地入口には、放射線センサーがあり、反応した場合は受け入れしないことになっているそうです。ここでは障碍者の雇用に力を入れていて、パソコンの分別作業をしてもらっているそうです。
最後にクリーンセンターで、焼却施設を見学しました。可燃ごみを集積するピットは、20m×45mで深さが27mもあるそうです。ここからクレーンで焼却炉におよそ20分に2tのごみを投入しているそうで、その余熱で発電したり、隣の温浴施設などに利用しているそうです。
エコトピアで使っていたドラム缶に貼ってあったシールから、コカ・コーラ社が中国産の原料を使っていることを知りました。
昼食をいただいた梓水苑に飾ってあった、何かの実が入った瓶。一体どうやって入れたのでしょうか???
Cimg3085Cimg3091Cimg3092Cimg3094Cimg3102



Cimg3089Cimg3097














2018年7月27日 (金)

おりがみ

Cimg3084

何年かぶりに、という感じの折り紙。トトさんとチョビさんの周りをお花畑にしました。

2018年7月14日 (土)

曾根原家の改修工事現場見学

安曇野市にある、現存する最古の本棟造りと言われる、重要文化財に指定されている曾根原家住宅の改修工事の現場見学会に行ってきました。メインは、石置き板葺きの屋根改修です。

Cimg3052_3Photo_2

20年ほど前に行われた改修以来の工事ということで、屋根の状態はこんな感じ。
椹板は長さ3尺、葺き足は3寸、つまり、板は10枚重ねということになります。
板の先端から20センチ程度までは傷んでいますが、奥の方はきれいなまま。
割板の表面に出来る繊維の溝が程よい通気を保つからだそうです。
工事の計画段階では、板の腐食がこの程度であることが判らなかったため、
全面取替えの計画で進んでいたため、降ろした板は選別して使えるものは今後のメンテナンス用に保管するとのこと。本来は毎年点検して裏返したり上下逆にして差し替えたりして、材料費は掛けずにメンテナンスしていくのが、民家である板葺き屋根のメンテナンス方法で、35年以上保つのだそうです。
右の写真の部分は、破風の笠木の銅板の水下部分。この部分だけ若干板の腐食が少ないのは
銅板から流れ出る緑青(錆)の殺菌作用の効用なのだそうです。

10Cimg3055





今回の工事では、本来民家では椹は使われていなかったのではないかということで、杉板です。
丸太を3尺の長さに切ったものを、鉈のような刃物を当てて木槌で叩き込み、割っていき、
まず8分厚さの材を作り、半分に割り、半分に割り、で、2分厚さの板にします。
割るというよりは、刃物を叩き込むのは最初だけで、刃を捻るようにして剥いでいくという感じです。
板を作るのは、乾燥させる前の木の方が作業が楽なのだそうです。特に栗は固くなって大変なのだそう。
軒先の方から葺いていきます。葺き足3寸で、下の板の付き合わせ部分をまたぐように板を重ねていきます。
葺き長さ1mくらいごとに短い釘を打ちますが、これは江戸中期の民家としてはあり得ないのだそうです。
ずれてしまわないようにするためですが、短い釘なので、メンテナンスの板の差替えの時には
板を持ち上げることで抜けるのだそうです。
メンテの差し替え作業は梶棒のようなものを差し込んで持ち上げておこないま
す。茅葺の工法と似てます。
板は基本的には置いてあるだけなので持ち上げれば隙間ができるくらいは浮きますが、
10枚も重なっているので、相当な強風でも捲れあがることはめったにないそうです。
ただし、軒先やケラバは押えが効きにくいので、対策として高さのある「堰板」を取付けるのだそう。
堰板は、石の転がり落下防止よりもこの方が重要な役目だとのこと。
今回も新たな「へぇ~」に出会いました。

« 2018年6月 | トップページ | 2018年9月 »