« 2018年4月 | トップページ | 2018年6月 »

2018年5月11日 (金)

岐阜市民会館

岐阜旅行の〆は、50歳におなりになった、岐阜市民会館。(坂倉順三 1967)
チケット窓口や、中のカウンターの台座のコンクリート叩き仕上げが良いなぁ。円弧の壁のタイルが艶めかしい。
ピロティの鋼管柱についている丸い輪っかは何ですか???

Cimg2880
Cimg2884Cimg2881Cimg2872










メディアコスモス

1階の天井は、信毎ビルに似てますね。
道路に沿って、遊歩道・ビオトープ的な緑地があって、ベンチがあって、木陰があって、良い感じでした。写真は人がいないときに撮りましたが、結構ベンチの使用率は高そうでした。こういう空間が、街には必要ですね。
Cimg2867

Cimg2868Cimg2887_2Cimg2871








岐阜の大仏殿

Cimg2848
大仏殿が、でで~ん と。


石原美術ビル

Cimg2852Cimg2860武田五一の石原美術ビル
表と裏がほぼ同じ。

Cimg2854Cimg2857内部は硝子越しに見せていただきました。


2018年5月 6日 (日)

名和昆虫博物館




武田五一の、昆虫博物館。三角屋根の建物は明治40年、白い方は大正7年竣工。白い建物の1階には、場違いな感じの丸柱がででんっとあるのですが、調べてみたら、『奈良唐招提寺金堂と講堂の解体修理時、白蟻被害木(約1200年前のヒノキ材)を取り替えた際に、交換、保管されていたものをもらい受け再利用したもの』なのだそうです。

三角屋根の方は開館していませんでしたので外観のみ。白い方は、一歩入ると昆虫のざわめきが聞こえそうなほど虫虫虫虫・・・・。中には、ナウシカの場面に出てきそうな奇妙な形の虫も。展示方法に工夫があって、クイズ形式だったり、「秘密の箱」入りで開けて見るようになっていたり。蝶の標本の留め方もとても美しくてまるでキルトの様。

Cimg2827_3
Cimg2833

Cimg2837


Cimg2838

Cimg2844

長良川まち歩き

長良川周辺まち歩き
煉瓦の塀は、古いレンガを積み直したものみたいです。
素敵な和風旅館(旧?)食事ができるようです。雨戸廻縁など芸が細かい。
小さな川沿いに、材木屋さんのオフィスがちょっとおしゃれ。
流れに面してガラス張りのコーナーがありました。

Cimg2817_2

Cimg2818_2Cimg2819_2

Cimg2821_3






長良川国際会議場

安藤さん、人っ子一人いませんが・・・。

Cimg2813Cimg2811Cimg2808Cimg2806










信長バス

Cimg2798_3信長バスは、折り上げ格天井(風)です。

国際会議場に向かいます。


岐阜駅前

岐阜の駅前は、新しいビルとアーケードの掛かった昭和レトロな商店街が隣接しています。

新しい綺麗な通り沿いに突然出現したまるで廃墟を思わせる巨大な壁面!圧倒的です。

Cimg2791

再開発により、今まで隠れていた建物の面が表に出てしまったようです。この裏側が、アーケードの商店街で、部分的に通り抜けられる部分がありますが「カベ落下危険・通行禁止」になっていました。

しかし、そこにたくましく商売をする人がいます。

Cimg2795_2Cimg2797





セラミックパークMINO

磯崎さんのセラミックパークMINO

Cimg2763谷間を渡る長いアプローチを経て、山に水鏡の空間に至る。昨年の御射ケ池のような、風景を写し込む静かな水面が、建物を惹きたてています。と言うか、水面と写り込む風景が無ければこの建物はあまり気が惹かれなかったかもしれません。ミースのパビリオンやF・ジョンソンのガラスの家を木造風でやったような。

いろいろな色合いの石を敷き込んだ段々の滝は、水の存在を訪れる人に印象付けます。建物の下の空間にも続いていて、地下空間では建物の壁天井に反響してうるさいほどですが、それを抜けたときに、山の中の静けさを感じます。

Cimg2781_2Cimg2786

Cimg2783

Cimg2773_2

多治見神言修道院

昭和5年に設立された多治見神言修道院は、地上三階、地下一階の木造建築で、建坪1千坪!コの字型に近いプランで、地階はワインの製造・貯蔵庫、3階は屋根裏部屋になっているようです。

設立当時はカトリック神言修道会の日本本部としての役割を担っていましたが、現在は神学生の修練の場として利用されているそう。訪れたときには讃美歌が聞こえていました。

建物の周りには、ブドウ園が広がり、奥の一角は墓地になっていて、ゆっくり散歩するのによい場所です。ブドウでワインを作り販売し、収入としているようです。

Cimg2757_2
入口から入ると正面に大聖堂があります。ホールの左右にフライングバットレスという構造を模したような小壁があり(おそらく耐力壁)、いくつもの三方壁の小部屋風になっていて、キリストの物語の絵が解説付きで飾られていました。木製窓にはパテ押えでステンドグラスがはめられていて、淡い色の光が厳かな感じを出していました。建物内で自由に見学できるのは大聖堂だけでした。

2018年5月 4日 (金)

モザイクタイルミュージアム

砂漠のオアシスの砦か、蟻の巣か、コーヒークリームを塗ったケーキか、建築らしからぬ外観ですが、中は心地よい空間で、階段室の潜った感じから屋上展示場へ出ると、屋内か屋外かどちらでもある空とつながった空間がとても気持ちよく、ウロウロ楽しんできました。白い丸タイルにやられた。
モザイクタイルの「ハーフユニットバス」、うちにも欲しい。
見て楽しい、使って嬉しいモザイクタイル。タイルを作ってみたい。

Cimg2722_2Cimg2727Cimg2731Cimg2733


Cimg2737_2Cimg2750











2018年5月 3日 (木)

多治見行




多治見に行ってきました。

作陶の街だけあって、まちのいたるところに焼き物があります。
・・・・・カッパもいます。

Cimg2678_2Cimg2679_2

Cimg2703_2Cimg2705_2Cimg2706_2

浅間の風景

Photo_5今年も工芸の五月、始まります!

今年は浅間を歩きます。
先日下見歩きをしました。歩くたび、何かしら新しい発見があります。

ブロック塀、よく見ればブロックが平行四辺形!初めて見ましたよ!

Photo_3





« 2018年4月 | トップページ | 2018年6月 »