« 松本安曇野住宅建築展 | トップページ | イオンモール »

2017年9月15日 (金)

郡上八幡

建築士会まちづくり委員会の視察旅行で郡上八幡に行ってきました。

20年くらい前、石畳の研究(?)で訪れて以来。

城下町、水のまちという松本との共通点はあるものの、郡上八幡には郡上八幡らしい風景があり、まちの印象を創っています。

松本は各所に湧水がありますが、街なかを流れる女鳥羽川は通りからの隔たり感が強く、気軽に散策するような構造になっていませんし、蛇川・はんのき川も暗渠になったり蓋を被せてしまった場所が多く、残念です。

郡上八幡のまちの印象を創っている物の一つが「石」で、小路の石畳み、水飲み場やベンチ、川の護岸、いたるところに、工業製品ではない自然石を使った、手仕事感があふれるものがあります。

C0280756_09495285こういった小路が、例えばインターロッキングブロックだったりアスファルト舗装だったりしたら、こんな、魅力的空間にはならなかっただろうし、20数年経っても変わらず人を惹き付ける力を保っています。素晴らしい!

他にも、空き家になっている町家を改修して、貸家・貸店舗・貸ギャラリー、1棟貸し宿泊用住宅、移住希望者の為の移住体験用貸家などに活用する運営団体の活動内容のレクチャーを受けてきました。
どれも建物の魅力を活かして素敵な空間が創られていました。

バスの都合で、現地に3時間ほどしか居られないというスケジュールで、駆け足見学になってしまいました。ゆっくりのんびり歩きたいまちです。

« 松本安曇野住宅建築展 | トップページ | イオンモール »

まちづくり・まちあるき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 松本安曇野住宅建築展 | トップページ | イオンモール »