« チャイ | トップページ | 若い頃にハマッた音楽 »

2015年4月13日 (月)

画家 近藤光紀

88111



調べ物をしていてグぐっていてたまたま見た絵に既視感・・・・

昨年度の文化財課からの委託調査中に見た風景と重なりました。

721_2
水路に蓋がかぶせられ、土蔵の後ろの樹がでっかくなっています。

描いた近藤さんという画家さんは、戦時中に浅間温泉に疎開してきていて、終戦後、帰る家が不法占拠されていて帰れず、昭和23年に水源の汚染が原因で浅間一帯に流行った腸チフスでお亡くなりになってしまったのだそう。上の絵は亡くなる数カ月前に描かれたもの。上流家庭の出で、上品さが作品にも表れていると、解説に描かれていましたが、私には良くわかりません。でも、明るくて気持ちの良い絵だと思います。
土蔵と一緒に、西日に照らされて、日が沈みいく北アルプスを眺める近藤光紀さんの姿が見えてきそうです。

« チャイ | トップページ | 若い頃にハマッた音楽 »

松本・安曇野・信州良いとこ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« チャイ | トップページ | 若い頃にハマッた音楽 »