« イチゴ | トップページ | 文化財ウィーク2014② »

2014年11月 3日 (月)

文化財ウィーク2014①

今年も行ってきました!

まずは、文京区本郷にあるお寺、求道会館。大正4年の、武田五一設計の建物です。

Photo
仕上はタイル貼りなのでRCかと思いましたが、躯体は煉瓦組積造+木トラスの小屋組みです。
お寺というより教会という風体です。住職さんが、キリスト教のような活動をしたいという願いを込め
設計者(武田五一)に、
・教会らしく見えないこと
・お寺らしく見えないこと
・煉瓦造に見えないこと
の三条件を出したのだそうです。
どうでしょう?十字架が乗っていれば教会にしか見えない気がしますが・・・・

Photo_2正面向って右手に掲示板(?)がありますが、2本柱で支えられた屋根の
デザインと力学の融合した結果の形でしょうか。
曲線を使った形と洗出しの仕上げが、高札場などと違って、『上から物申す』的でないやわらかい感じを出しています。

正面から入ると玄関部分は研ぎ出し仕上げの床で、Photo_3いかにも手作りという風の網入りガラスの入ったドアを開けるとすぐが本堂。正面に祭壇ではなくお釈迦様のいる六角堂があり、正面以外の三方は2階にギャラリー席が回っています。Photo_5
その床を支えている柱は、当時建築用の鉄柱などは造られていなかったので、ガス管を転用した鉄柱となっています。ギャラリー席の吹抜け境の手摺は、フラットバーを組子の手法でお寺のシンボルマークである卍をデザインしたものになっており、ステンドグラスの模様も菩提樹と釈迦の説法を聴きに来た小鳥をモチーフにしてあります。Photo_42階の奥には畳み敷きで床の間のある小会堂が有り、床の間の対面にマッキントッシュのきものシリーズを模したのではないかといわれている暖炉があります。2他にも照明器具のデザインや階段や窓周りのデティールに、アーツアンドクラフトなど当時の流れを思わせるものを感じました。Photo_6

思わず「クスッ』としてしまいそうになったのは、おそらく物入れだろう部分の小さなドアについていたドアノブです。かわいらしい(^^)

Photo_7








« イチゴ | トップページ | 文化財ウィーク2014② »

建築探訪」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« イチゴ | トップページ | 文化財ウィーク2014② »