« 文化財ウィーク2014④ | トップページ | 不燃木材の成れの果て »

2014年11月 3日 (月)

文化財ウィーク2014⑤

高輪消防署に行きました。現役の建物です!

Photo_25
なんとなくムーミン谷の灯台を思い出しました。

昭和8年、越智操(警視庁総監会計営繕係)設計だそうで、当時、周りは高い建物もなく、海抜25mに建てられたこの建物の3階からは周囲が見渡せたそうです。3階は円形講堂ということです。

玄関ドアの上の金属の欄間(?)が洒落ています。Photo_26玄関を入ると小さなホールになっていて、奥の執務室や隣の車庫に続く廊下と、上階への階段、正面に受付があります。そこのお兄さんに見学の旨を申し出ると、(通年見学可、9:00~17:00、ただし、出動時は見学不可になる場合もあります)案内してくれる方が出てきて、建物をざっと案内してくれます。
1
建物につけられた銘板によると1階ホールはすべて御影石で出来ている、と有りましたが、どう見ても研ぎ出しだと思うのですが・・・・案内の方も『これは御影石で』と説明してくれましたが・・・・うぅ~ん・・・・2_3

2階のホールは曲線が優美な白い空間でいまどきの消防署とは大違いです。消防署といえば緊急出動時のすべり棒、ですが、ホールに降り口は残っていましたが事故が相次ぎ、今は使用禁止だそうです。
3
Photo_273階の円形講堂は展示室になっていました。円形の梁の架け方が判ります。さらに上の望楼へは鉄骨階段で上がるようになっていますが、ここから先は見学不可です(残念)。

ホールを見上げると丸窓が。白く塗りこめた空間にシャープな縁取りのスチールの窓枠がとてもカッコ良いです。

1階に降りると車庫に案内してくれます。Photo_28
ここの一番の見せ場?はニッサンの消防車です。
さすがに現役では有りませんが、現役に挟まれてピカピカに磨かれてニコニコしているようです。Photo_29

運転席がいかにもレトロ。




品川駅までの帰り道、気になるお店発見!
写真では判りづらいですが、銅板(たぶん)をいろいろな張り方で使っています。
Photo_30

« 文化財ウィーク2014④ | トップページ | 不燃木材の成れの果て »

建築探訪」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 文化財ウィーク2014④ | トップページ | 不燃木材の成れの果て »