« 自賠責保険 | トップページ | 危ないなぁ! »

2014年10月14日 (火)

村井の石屋さん

今年も文化財課からの委託された調査業務が始まりました。

今年の担当は芳川地区、松本市の南の真ん中あたり(JRと国道19号線を挟んで)。
鎖川と田川に挟まれた場所で、JR村井駅の近くに『村井宿』があり、他にも数箇所
古民家が残る集落があります。

南西から始めることにしました。

村井宿には街道の宿場町らしい建物がいくつか残っています。Photo
冠木門や土蔵、屋敷林なども残る酒屋さんや、建ち並んだ建物の裏手に流れる水路沿いに並んだ土蔵など、結構見所があります。

Photo_2道路脇に有った小屋に掛かる看板、読めませんが・・・
ガスボンベ置き場、ということでしょうか?
昼間から赤いランプが点灯していていかにも危険物がある感じです。

村井宿の南側、路地にちょっと入り込んだところに有る石屋さんが素敵でした。
Photo_3鯉の滝登りにひょうきんなオジサン(何者?)

Photo_4
圧巻の石像群 よくみるといろんな表情が有って面白い。ヘタウマというか、
妙にくだけた感じがとても惹きつけるものがあります。Isiya_4


クリックして拡大して見てくださいね。






« 自賠責保険 | トップページ | 危ないなぁ! »

まちづくり・まちあるき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 自賠責保険 | トップページ | 危ないなぁ! »