« 2014年8月 | トップページ | 2014年10月 »

2014年9月28日 (日)

自賠責保険

ベーちゃんとの付き合いももう20年。
ベーちゃんは平成2年4月生まれでもう26歳。人間で言えば80歳くらい???

今までかかった病気は
 ・駐車中にクラクションが弱々しく鳴り続ける症状
 ・豪雨でワイパーを全開で動かすとウォッシャー液がなくなるまで出続ける症状
 ・エアコンのガスが抜けてしまう症状(ホースに亀裂)
 ・窓を全開するとたまに上がってこなくなってしまう症状
 ・鍵が回らなくなってしまう症状(まわし方が日本産とは左右逆なので他の人がいじった後に起こる)
 ・オーバーヒート(冷却水漏れ)
 ・冷却水が減ってしまう症状(現在罹っているけれど一定以下にはならないのでとりあえず経過観察中)

老化現象として、
 ・ダッシュボードのひび割れ(これはかなり前から)
 ・シートの布地の劣化(特に運転席の座面と後部座席の直射日光の当たる上面がボロボロ)
 ・塗装の劣化(シャワーのときにカルピスのように水に色がつく)
 ・樹脂部品の劣化(バンパーをぶつけたら割れてしまった・・・、ライトのランプを固定するビスが折れてしまった)
 ・底面の鉄板がボロボロ(走行後の草むらへの駐車は御法度です)
 ・サスペンションのオイル漏れ(直していないので乗り心地は最悪です)

雪が降るとお尻フリフリで滑りまくります。圧雪にすぐハマってしまいます。

どんなに頑張ってエコ運転しても11km/Lと大喰らいだし・・・
今年でさよならしようかと思っていたのですが、

先日はベルトを交換し、そして昨夜、『5分~で手続き完了!』という自賠責保険の手続きを45分かかってやりました。(5分の中で約款とか読めるというのか???)

というわけで(20年の付き合いは家族より長いくらいだから愛着がハンパでないのね)

あと1年ちょっとよろしくお願いします。

 
 

お知らせ

fsさんのパン皿と、安曇野の家の家具・建具を製作してくれたBELKAさんからのお知らせです。

10月2日から東急百貨店吉祥寺店にて開催される「信州クラフト木工展」に参加します。
お近くにお越しの方は、ぜひお立ち寄りください。

日時:10月2日(木)~7日(火)
午前10時~午後8時(最終日は午後5時まで)
会場:東急百貨店吉祥寺店8階催事場

2014年9月26日 (金)

心地よい場所

台風が去った空は切れのよい青空で

歴史の里の裁判所の建物をバックに蕎麦の白い花と穂の垂れ下がった黄金色の田んぼが
とても気持ちに心地よい風景になっていました。

心地よい風景は、ただぼんやり見ているだけでなんとなく幸せな気分になれます。

そういう風景を建物や街に取り込んでいけばいいんだな、

ということですかね。 せっけいとは

明日、歴史の里の講演会、写真パネル展始まります。

炊飯器

一人暮らしを始める時、(もう25年も前)親に買ってもらった炊飯器は、小容量でご飯がおいしく炊けるものではなかったので、鍋でご飯を炊いていました。(必要性を感じない物があることが邪魔で人にあげてしまった)

最近の炊飯器は、少量(1合から)でもおいしく炊けるのですね。


P1020929  おいしいご飯があればおいしい物をつくりたくなる?????

  腕が足りませんわ・・・・・・

2014年9月18日 (木)

悲しいお別れ

ベーグルちゃんが遠くへ旅立ってしまいました。

久々に会ったときのはしゃぎっぷりとか

おなかを見せて『降参降参』をやっている時の手の曲げ具合が妙にかわいかったこととか

体育館のそばを1時間以上お散歩してジャンバーに一緒に包まって女鳥羽川の流れを見たこととか

毛玉が出来ていたのをブラッシングしたら面白いほど毛が抜けて
(ほんとに面白かったのだ)一回りもスマートになったこととか

ジブリさんがくれた絵葉書のキツネ顔が微妙にかわいかったこととか

『ジブリさんにおいてかれちゃった~ひぇーん』『わーい、戻ってきた~』の豹変振りが面白かったこととか

いろいろ思い出します。

いつまでも覚えていたいと思います。

建築展のお知らせ

たてもの野外博物館、『松本市歴史の里』で、全国にあった裁判所の写真と、明治から昭和初期にかけての松本市内に建てられた洋風建築の写真を集めたパネル展を開催します。

来週の土曜日(27日)には、信州大学の梅干野(ほやの)先生による講演もあります。
10月18日には、県内の文化財建築の改修工事などの設計工事監理を多く手がけていらっしゃる、長野市の信濃伝統建築研究所の和田所長による講演を計画しています。

Photo_5画像をクリックすると拡大されます。

下島歯科

久々に建物探訪です。

あがたの森通りを駅から東に向って行って、美術館の少し手前あたりにある個人医院です。P1020925


薄いサーモンピンクに塗られた外壁は、もともとは洗い出し仕上げで、2階の三角出窓はサッシにする前は外開きだったそう。
玄関ポーチのアーチには煉瓦タイルが貼られています。

P1020924
歩道際の塀の内側にはデザインされた植え込み縁石があります。

P1020902

玄関の床タイルは貼り替えているそうですが、傘立てとコート掛けが一体になった家具は当初から使っているもので、受付の小窓も良い感じです。

P1020904

玄関ホールにはシャンデリアがあり、その天井には中心飾りが鏝で造られていて、飾り柱はギリシャ建築を思わせる装飾がされています。

階段の吹き抜けにはこれまた漆喰の鏝絵模様があります。外観からは思いもよらないゴージャスさ。P1020910_22階は患者室(入院室)になっていて、8~10畳の部屋が並んでいます。
ちょっと傷みがありますが、構造は鉄筋コンクリートで、内装を直すのは案外やりやすいかもしれません。

実は建物の北側の部屋で歯科診療を行っている先生が、そろそろ引退を考えていらっしゃって、建物の解体をしたいとおっしゃっていました。こんな素敵な建物なので、できれば残したいというお気持ちもあるとのこと。改修工事費負担で安く借りたい、という方、募集中です!





2014年9月 7日 (日)

ひまわり

今日は恵美さんが松本前短歌の講座をうけに来て、お昼を一緒に食べました。
誕生日が近いこともあり、バースデーケーキということでシフォンケーキ&抹茶アイスクリームのデザートがついた、天麩羅付昼御膳(小鉢×4+鯵の南蛮、鳥腿肉の味噌漬け焼き+漬物+珈琲)とちょっと贅沢に。

お店への行き帰りに、道路の西側にひまわり畑が広がっていました。
ひまわりは向日葵と書き太陽の方を向いて咲くと言われていますが
咲いている間ずっと太陽を追っかけているのではないそうです。
つぼみの頃は追っかけているのですが、一旦咲いてしまうと茎が固くなり
追っかけはしないのだそうです。

人間も、歳をとると頭が固くなって(体も固くなり)、視野が狭くなりますね。
追っかけもする気力がなくなって、昔ほど何かに深くはまり込むことはなくなった気がします。

Photo_3


蕎麦店の人形

本日はお城の近くの蕎麦屋の屋上で焼肉食べ放題・ビールのみ放題の親睦会。
サラダとおにぎりとウーロン茶をいただきました。牛肉嫌いお酒嫌いの私には
全然ありがたくない『放題』なのですが、ここは、親睦会だと割り切って、
煙に辟易しながら参加したのですが
普段歩いていて気がつかなかった人形が、
夜に明かりが入ったショーウィンドーで目に留まりました。
楊枝で出来た箸で蕎麦を食べるおっちゃん。
なかなか渋い雰囲気を醸し出しています。
Photo_2

2014年9月 1日 (月)

アレルギー?

今朝の新聞に、3日、岐阜で小中学生430人が目の異常を訴え、集団アレルギー(らしい)という記事が載っていました。
数年前にも9月に同じようなことが有り、稲の花粉によるものと思われるとありましたが・・・

なぜ岐阜の小中学生だけ?
なぜ3日だけ?(今後も出るのかも?)
この時期に稲の花粉が飛んでいるのか(今はもう穂が垂れ下がる時期ですが・・・)?

花粉とか自然界のものでは無いのではと思ってしまいます。
原発事故の後の土壌の除染とかも、土を洗うような計画をしたり(洗った土などで作物が育つか?)
お偉いさんは現場を見て現場を知って発言しているのか、疑問です。

« 2014年8月 | トップページ | 2014年10月 »