« 夕食in仙台 | トップページ | 寒いです・・・ »

2014年8月 7日 (木)

歴史の里のイベント

松本インターの近くにある、野外建物博物館『歴史の里』のイベントのお手伝いをしています。

9月下旬から3ヶ月間、市民講座とパネル展を開催します。

9月は信大の梅干野(ほやの)先生に、『明治の洋館』(仮)の講義をしていただきます。
10月は長野市の信濃伝等建築研究所の和田所長さんに、県宝である司法裁判所の修理工事をテーマにお話していただきます。文化財の修理工事と通常の工事の違いなど、予定しています。
11月は、一緒に活動している建築士会のメンバーと一緒に、歴史の里内の建物の見どころ紹介ミニツアーをします。

写真展は、明治以降全国に建てられた裁判所の建物の写真を30枚ほどと、明治以降松本市内に建てられた洋館・擬洋館の写真を簡単な解説付きで展示します。

展示の為の資料作りは結構楽しいものです。松本市内には開智學校をはじめ、明治以降擬洋風建物がたくさん造られ、いくつか本物の洋館も建てられました。洋館はキリスト教絡みの建物が多く、近江八幡に多くの作品を残しているウイリアム・メレル・ヴォーリズによるものが市内にはいくつかありました。現在も源地小学校の西に残っている設計者不詳の洋館もヴォーリズの設計では無いかと私は考えています。上が丸い小窓が二つ並んだ意匠や石造りの暖炉が他のヴォーリズの作品に見られます。少なくとも、日本人の設計では無いと思います。今回の展示はそこまで踏込みませんが、松本市内が明治維新で急速に近代化されてきた様子を建物の変遷で感じることが出来ると思います。

日程等の詳細は広報まつもとで紹介される予定です。

松本市歴史の里
〒390-0852 長野県松本市大字島立2196-1
TEL:0263-47-4515 FAX:0263-48-0813

« 夕食in仙台 | トップページ | 寒いです・・・ »

進行中のお仕事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 夕食in仙台 | トップページ | 寒いです・・・ »