« 2014年5月 | トップページ | 2014年8月 »

2014年7月21日 (月)

雨上がりの女鳥羽川

Photo_16 柳の清々しい青さが水辺に良く似合う

明治時代の町の様子を描いたものには
柳の木が川沿いに植えられている。
サクラも良いけれど、水辺にはやはり
柳が良い。

青柳ういろうが食べたくなった

蕎麦打ちさんの家

2月の大雪で、キッチンの製造工場がつぶれて納期が遅くなったり、いろいろありましたが5月末完成しました。

Photo_7 蕎麦打ちがご趣味のご主人がここで蕎麦を打って、左手奥の茹で場で茹でて、
打ちたて茹でたてののおいしいお蕎麦を御馳走してくれました。

おいしいお蕎麦のために、蕎麦の栽培も始められたそうで
お勤めの休みの日は、蕎麦畑の手入れと家業のぶどう園の
手入れで休む間もないそうです。パワフルな方です。

お施主様が施工の工務店さんとご親戚ということで、工務店さんの仕様に合わせつつ、
また、お施主様ご自身が設備設計をされる方なのでそちらはお任せしつつ、という
いままでにない感覚でした。

キッチンとリビング境の建具の面材に、 Photo_8
シート化粧板を始めて使ってみましたが
ポリ合板よりも感じが良いです。
水周りにはおススメです。

床はナラ無垢フローリング(節あり)で、
水周りはクリア塗装、他はオイル拭きです。

Photo_9 玄関周りは少し和風を感じるデザインです。

玄関引戸は隙間風対策として Photo_10 Photo_11
床框の石の側面に溝をつけて
モヘアを埋め込みました。
縦枠にも戸じゃくりをして
ピンチブロックという隙間防止材を
付けました。

建具の引手は建具職人の手造りです。  Photo_13
ビスの頭の埋め木が手仕事ぶりを感じさせて
良い感じです。
Photo_14ポーチは洗い出し仕上げ。
当初のイメージより白石を多くしたので
石っぽさは弱くなりましたが
これもまた控えめな感じが良いです。

敷地は南斜面の見晴らしの良い場所で、市街地からとはまた違ったアルプスの見え方が
素敵な場所です。気持ちよく暮らしていただければと思います。

はなばな~工芸の五月(いまごろ・・・)

撮り溜めてあったものなので季節感が・・・・だけど

Photo お施主さまのお庭で咲いていたすずらん、紫色の花の中で白く輝いて見えました。

5月のまち歩きのときに咲いていた石楠花Photo_2

5月の松本は本当に町中がキラキラしている

Photo_3 Photo_4 大手のフランス料理のレストラン鯛万にあるベニバナトチノキが真っ盛りでした

毎週末のガイドは疲れますが、歩くたびに新しい発見があったり出会いがあります。

源智の井戸の近くの、はんのき川が宅地内を流れているお宅のPhoto_5
綺麗なお庭を今年は見ることが出来ました。

人形町の高砂通りでは、老舗の店主が、通りかかるたびに
松本の雛人形、七夕人形の歴史を語ってくれました。

工芸の五月のイベントが、まちに浸透してきた感が有り、とても嬉しく思います。

Photo_6

2014年7月16日 (水)

久々に

ずいぶんサボってしまいました。

6月は半端なく忙しく、朝6時過ぎから夜中まで図面描きをする日が続き、
頸肩痛がひどくなり大変でした。
You-Tubeで音楽を流しながら描いているので、20曲ごとにラジオ体操を入れて
体を動かすようにしたら少し改善したように思います。
小中学校のころはラジオ体操なんて何の運動になるのかと思っていましたが
筋力をつけるためでなく関節を動かす為の運動なんだなぁとツクヅク実感しました。

 実家の古屋を解体し、更地になって、梅雨になり雨と気温が雑草を生やします。
3日間打ち合わせなどの予定がない日が出来たので草取りに行ってきました。
もともと畑だったところも合わせると1400㎡、広いです。
種が出来る前に除草すれば後々が楽です。ですが、草の生える周期、草の種類によって
1回ではかたがつきません。次回はいつ行けるか・・・・。

雨が降ったりして3日間で12時間くらいの作業でしたが、その成果は畑だけでなく
腕にも出ました。

本日の
左腕の太さ・・・20cm、右腕の太さ・・・21.5cm(ひじの下の一番太いところ)

だけど何故か、左の手のひらと指が筋肉痛です。

« 2014年5月 | トップページ | 2014年8月 »