« 南アルプス | トップページ | 神社の参道 »

2013年12月 8日 (日)

浅間温泉

松本市文化財課の調査業務で、浅間温泉を住宅地図片手にくまなく歩きまわっています。

明治時代の蚕業の業者で大いに賑わった浅間温泉は、明治時代の建物が結構残っていて
建物と建物の隙間の路地が、面白いように入り組んでいて
飽きることの無い空間です。

633 64012 4718710 Photo 117_2

奥まったところにある温泉施設の棟続きの建物
3123 霧除け(ひさし)の付いた窓のところは天井の低い、いわゆる寝るだけの部屋が有るようです。空き家かと思っていたらいきなり窓が開いてカーテンの隙間からこちらを窺う気配が有って、ビックリしました。こちらも驚いたけど、向こうも不審者かとビックリしたのかも。ゴメンナサイ。
それにしても、こういう用途の建物にしてはおしゃれな窓です。

3123_4

ガラスブロックの、チェッカーグラスの枠はテラゾー(人造石:小石をセメントで固めたものを研ぎ出して造る)です!

調査の担当範囲は南洞から岡田の一部、原、浅間温泉、横田、元町、大村、惣社の一部までとかなり広範囲です。この時期なので昼間の暖かい時間帯でやっていますが、浅間は対称物件が有り過ぎで、道も入り組んでいて、坂が多くて(自転車が不利)、思ったより時間が掛かります。2日でまだ、三丁目だけしか回れていません・・・・。終わるかしら???

« 南アルプス | トップページ | 神社の参道 »

まちづくり・まちあるき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 南アルプス | トップページ | 神社の参道 »