« 東京都文化財ウィーク2013 1 | トップページ | 東京都文化財ウィーク2013 3 »

2013年10月28日 (月)

東京都文化財ウィーク2013 2

柳沢家住宅から急いで歩き走りで移動し向ったのは、駒場の東大の隣の公園内の洋館
加賀藩主だった前田侯爵が関東大震災で難を逃れた貴重品を当時田舎だった駒場に
疎開する目的で屋敷を移し、それはそれは立派な洋館を建てました。

P1010273 P1010269 P1010286 P1010258 P1010277

スクラッチタイルが全面に貼られたクラシカルな佇まい、直線と曲線が優雅な気分を掻き立てます。

P1010288 お嬢様のお部屋。いかにも。

 P1010291 書斎。

P1010290 気持ち良さそうな2階バルコニー

P1010278 テラスのモザイクタイル

P1010284 玄関ホールの壁に貼られていた金唐紙

P1010292 この建物は地価にボイラー室が有り全館暖房(暖炉で火は焚かずラジエータが組み込まれている)になっています。
地下のボイラー室からの煙突も、コーナーにタイルが貼られデザインされています。

« 東京都文化財ウィーク2013 1 | トップページ | 東京都文化財ウィーク2013 3 »

建築探訪」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 東京都文化財ウィーク2013 1 | トップページ | 東京都文化財ウィーク2013 3 »