« 2013年5月 | トップページ | 2013年7月 »

2013年6月26日 (水)

YouTube-3

ヘビメタ好きを公言していたのに・・・・

最近アイドルにハマッてしまいました。

Taylor Swift。

http://www.youtube.com/watch?v=39BmN_rpHIs&list=PLPPIDbIxcrBPWMRZPPrj1jFYFWfI-3gDF

裏声でなく、いわゆる地声で結構な音域を出せてそれがすごく彼女の特徴になっていて

赤いワンピースでギターを弾きながら歌う姿がなんてかわいらしいのかしらheart01

と思っていたら、

なんかだんだん化粧がすごくなってきて、最近は別人のようです。

来日した時に同い年くらいの前田敦子と一緒になんかしている影像もあったのですが
なんか、きれいなお姫さまといやに幼稚な『平べったい顔族』の対談でしたwobbly

日本のアイドルとは格段の差があるパフォーマーであることは間違いないです。

アイドルなんていったら失礼・・・

Demi Lovato

http://www.youtube.com/watch?v=kwWX0ylkP0M&list=PLPPIDbIxcrBM8FQSr9MhJ3RruhHZQjOlF

こちらも大変身してしまったようですが・・・

笑顔がとてもかわいい女の子(でした)。
最近はホントに20代前半?ていう感じですが、歌唱力はすごいです。

2013年6月25日 (火)

まちなかの井戸(25.6)

松本のまちなかは湧水や井戸が多く、きれいな流れが各所で見られます。

一番有名な『源智の井戸』の横の通りを南にちょっと入ったところに
『住吉の井戸』という、ご近所の方が何箇所かの井戸をまとめてせせらぎを造り
景石や植栽で素敵なスペースを演出しています。(写真をクリックすると拡大します)

Photo P1000826『源智の井戸』の、井戸だけでなく、井戸からのあふれ水を受ける水路もまちに
風情を添えています。

『源智の井戸』の北向かいの眼科医院には、近くの老舗石屋であり『ファスナー付の石』
の造形でも知られた伊藤石材さんの作品でもある水景が楽しめます。

Photo_2 石の中から湧いて流れ落ちた水は受けの小さな穴に吸込まれていく(手前)の作品と
やはり石の中から湧いた水が縁からこぼれそうでこぼれない微妙な高さを確保した
真ん中の引き込み口から吸込まれて流れていく後方(写真下)の作品と
そこからまちなかを西に向って流れる水路までのせせらぎが
ちょっとした不思議感も有り、楽しい気分になります。
Photo_3 源智の井戸を西へ向い、すぐの交差点を右(北)へ曲がると、宮村町です。
この通りの中町に出る手前に、ホントに道端の小さなスペースを素敵に彩る
井戸があります。Photo_6 この時期、井戸の水位が高く、雨も多いので緑がよく育ち、活き活きとしていて
それを見ながら散歩しているととても気持ちが良いです。

2013年6月21日 (金)

健康男 農薬野菜

『健康男』という本を読みました。

座っている時間が長い人は、健康に支障がでる。
たとえ、運動をする時間を他に確保しても、座り続けることが良くない。

著者は、パソコン台を高くして、ルームランナーで歩きながら仕事をするようにして
調子が良いらしい。仕事の能率UPにも効果があるようです。

ちょっとうちの仕事場では無理そうです。
体を動かしながら仕事をすればまだ良いかも?
ビンボーゆすりとか?

残留農薬の多い農産物の摂取を控えること、というなかで、
残留農薬の多い作物リストの中に『ジャガイモ』とあって
ジャガイモなんて何も農薬使わなくてもできると思っているから
ビックリしました。アメリカ(著者はアメリカ人)ではジャガイモ栽培にそんなに
農薬を使っているのでしょうか?
土の中にできるものなのに残留度が高いということは
収穫後に防カビ剤とかやってるのでしょうか。
中国の『小麦粉にホルマリン』『ゴマに黒インク』よりはマシ?

自分では無農薬野菜を作りたいと思っているのだけれど
アブラムシだけはどうしようもなくて、大発生してしまった時だけ使います。
でも

隣の葡萄畑でスプレー車で散布しているのが飛んできていて

ガ~ン・・・・・・・・

安全なものを手に入れるのは難しい世の中ですね。

ユスラウメ

P1000784_2

真っ赤な宝石のような実がびっしりつきました。

ほんのり甘酸っぱい、優しい味です。

(先週の写真です)

10日ほど毎日食べてました。満足しました(^^)。
イチゴももう終わりです。(原種に近いイチゴは秋口までぽつぽつと実を付けます)
自家栽培をしていると野菜などの旬が良くわかります。
キュウリとナスも今週の頭から収穫できるようになりました。
大根とレタスも収穫時です。小株は最初に蒔いた分はそろそろ終わり。
2回目に蒔いたのは、暖かくなって虫が多くなってきたので
虫にだいぶ食べられてしまって育ちが悪いです。農薬を使いたくないので
虫取りをしなくてはならないけれど雨が降っていると濡れるのが嫌で
ついつい先延ばしにしてしまいます。
明日の予報は晴れなので、やらねば!

農作業は手を抜くとてきめんに結果にでてしまいます。

他の仕事もですね。

2013年6月15日 (土)

大門沢川の蛍

HAL設計さんのブログで、大門沢川の蛍がみれるようになったと紹介が有りました。

大門沢側は旧開智學校の近くを流れる、女鳥羽川の水を水源としているらしい川です。
一時期水質が悪くなり蛍が見られなくなっていたそうですが、このところ、数十匹が舞う姿を
愛でることができるようになったそうです。

うちの近所も水田が広がり用水路があるのですが、
農薬のせいか、コンクリートの水路のせいか、
蛍の姿を見ていません。

是非散歩がてら見に行きたいと思います。

2013年6月13日 (木)

片倉製糸の遺構とイオンモール

昨夜は建築士仲間で、5月末に発表されたカタクラモール跡地他に計画されている
イオンモールのイメージ画を元に、地元の建築士なら、という、イオンモールについての
計画案を、(事業者抜きで勝手に)考えて盛り上がってきました。

25612

発表された案は、おそらく生物科学研究所より北側の区画から、日の出町の通りを
挟んだ北側のほうを望む感じで描かれていると思います。
手前のほうに江戸時代の城下町をイメージしたと思われる低層で小規模建物を配置し
人の溜まりの空間もあり、円形のアルプスもきれいに見えてパッと見好印象を受けます。
しかし、よくみると、奥(北)のほうに色調を落として巨大なショッピングモールがあり、
その西側にパーキングタワーと思われるものもあります。また遠景のアルプスは
松本からのものでなく池田町のものだそうで、(イメージを惹き立てるための作戦か?)
さらにいえば、この敷地のあたりは城下町から外れていて、町屋が並んでいれば
松本らしさを感じるだろうという安直な発想が残念です。松本らしさ、を考える時、
松本のこのエリアらしさ、というものを考え忘れてしまったようです。
このエリアは、明治以降、片倉製糸工業の進出によって急速に近代化された場所です。
世界のシルク王といわれた片倉の発展の基盤は、岡谷のみならず松本でもあったのです。
工場だけでなく、事務所棟(現カフラス)、研究所(現生物科学研究所)も造られ、
常に品質の向上、生産性の向上に努め、得た利益を社会に還元しつつ、
それにより地域とともに大きくなってきたところも大きい、松本市の近代化を語る上で
無くすことのできない企業があった、ものづくりによって発展した地区です。
製糸業だけでなく、関連業者や、そこで働く人を顧客にした商売などが周辺に進出し
急速に人口が増え、学校や公共施設もつくられ、文教地区としての顔も持っています。
中心市街地のはずれという感じのエリアで、郊外型の大規模モールが造られるのは
違和感を感じますし、まちなかの交通や既存商店との問題も大きくなることは
容易に推測できます。

松本の中心市街地に(周辺にももういくつも郊外型ショッピングタウンができている)
巨大なショッピング施設は要らないと思います。それよりも、そこに行くと
楽しい空間、気持ちよく過ごせる空間があるといいなと思います。
それは空調が完備された屋内空間でなく、松本の心地よい四季を感じて
きれいな景色を見て、湧水を楽しんで、おいしいものを食べて、
伝統的なものから新鋭的なものまでものづくりの見学や体験ができたり、
造り手(生産者)とじかにやり取りできて安心した買い物ができたり

ヒューマンスケールが大事なんだろうと思います。

古い建物というものは、『その地域に合ったスケールの物差し』なんだそうです。
なるほど、という気がします。大名町の旧勧銀ビル(現アルモニービアン)や
NTTの旧社屋もそうですね。中町も蔵造りの町屋がそれで、ビルが建てられたら
やっぱりまちとして違和感を感じます。

このイオンモール予定地には、カフラス規模の建物がシックリくるようです。
とはいえ、イオンさんも商売がありますからボリュームのあるものを造らねば
商売が成り立たないのかと思います。
今現在のカタクラモールより敷地が大幅に増えるので、分散型で建物周りの
空地を活かした青空モールという発想はどうでしょう?
文教地区ということも敷地の内部に引き込むために、また、このエリアが
イオンさんの商売だけでなく観光都市松本の将来の発展に寄与するように
敷地内に博物館をつくりそれから繋がる空間として
生物科学研究所やカフラスの建物を魅力的に改修活用し、
商売と文化が融合した、地元の人間と観光客が両方楽しめるゾーンになったら
素敵だなと思います。
カフラスの東側にあるという『素敵な庭』も拡張し、庭園エリアが中心にある
文化度が高いショッピングモールってステータスも高いと思います。
敷地内に、アルプスや美ヶ原がきれいに見える場所を何箇所かつくったり
美術館のように大きな木を植えたり、そんなことで極上の気持ちの良い場所が
造れるとても魅力的な場所だということを活かしてもらいたいと思います。

少子高齢化や賃金が上がりにくい経済情勢、物あまりの時代で
買い物客以外の集客ができることが地域の活性化に繋がるのだと思います。

梅雨にやること

梅雨です。雨も降りますが、梅の熟す季節です。

今日は小梅を漬けました。

大きな容器が無いので、何回かに分けて漬けるのですが、今日はまず一番好きな甘ウメを。

お酒がダメなので、焼酎は使いません。醗酵防止に、お酢を使います。
氷砂糖もお高いので普通の砂糖を使います。一晩水につけてからザルに上げて
水気をきった梅を瓶の半分くらいまで入れて、
酢を少しづつウメ全体にかかるように回し入れ、砂糖を層をなすくらい入れます。
またウメを追加で七分目くらいまで入れて酢をかけて砂糖を入れます。
最終的にウメを九分目まで入れて酢を回しいれて砂糖を梅が隠れるように敷き詰めます。
お酢が瓶の下のほうに(砂糖も混ざってますが)2分目くらいまで溜まり梅全体に
酢が混ざった砂糖がまとわりついている感じになります。

P1000783 一晩でだんだん水が上がってきて砂糖が溶けてきたら上のほうに砂糖を足します。

3~4日の間、上のほうが砂糖の濃度が薄くなっているので瓶を揺りまわして
砂糖の濃度が均一になるようにします。砂糖が溶けきったら、あとは保存するだけ。

赤紫蘇の季節になったら、たっぷりの赤紫蘇を塩もみして搾ったものを入れます。
(搾った汁は塩分が濃いので使いません)

夏の間の掻き氷のシロップに最適です。

2013年6月 8日 (土)

ゆるキャラ

HAL設計さんがブログで『レイヒさん』を紹介されていましたが

信州のこのゆるキャラもなかなかいけてます(と思います)。

Photo 『ヴィクトワール・シュヴァルブラン・村男Ⅲ世』

昨年生まれた白馬村のキャラです。

名前からして、顔が四角めなところや、羽がついてるところも、誰かの生まれ変わりのようです。

なかなか惹かれるものがあるのですが・・・名前が覚えられません・・・活躍のほどは知りません・・・・

2013年6月 5日 (水)

素敵な空き家を使おう

A

厳密に言うと、『空き家と思われる』建物です。

P A_2 

松本のまちなかには結構洋館風な建物が残っています。

是非活用してもらいたいものです。

不動産の免許は無いので斡旋等はできませんが
『空き家らしい情報』の提供はできそうです。

持ち主を探したり(法務局に行って謄本を見れば判る)、
持ち主と直接交渉又は不動産業者に仲介してもらっての契約を
ご自身でやる、という方でしたら、
どのあたりにどんな感じの空きやを探しているか連絡いただければ
でいる範囲で探して、情報提供したいと思っています。

空き家を貸したいかたの情報もお待ちしています。

2013年6月 4日 (火)

昼寝・・起したものは

最近、血圧がなかなか上がらず昼間かったるくていけません。
コーヒー飲んでも頭がしゃっきりしません。
こんなときは、仕事も一時中断してお昼寝します。

お昼寝していたら、地鳴りがしてガガっときました。地震!
と思って、PC立ち上げて地震情報をチェックしたけれど
速報が上がってきません。
観測されない小さな地震は頻繁に起きているのですね。
寝ていたから判ったけど。

ということで、お仕事再開です。

« 2013年5月 | トップページ | 2013年7月 »