« 赤レンガの遺構 | トップページ | 農作業 »

2013年5月13日 (月)

いざらい

いざらい

って、よく考えたら(よく考えなくても)ちょっと変です。

『井浚い』と書くらしいですが、浚うのは井戸でなく水路です。

松本は扇状地の末端の盆地という地形上、湧水が多く水も町とも言われます。
おいしい井戸水がそこかしこで飲めます。

実家のある南信州の伊那谷は、天竜川によって出来た河岸段丘という地形上、
段丘崖の下からの湧き水が野畑を潤しています。生活にも使われてきました。

先週、実家に帰省した折り、以前住んでいた集落でいざらいがあったので母親と一緒に
やってきました。昔サワガニやドジョウを捕った水路はコンクリートの側溝に変わり、水草よりもドブ臭い汚泥やコンクリート面に張りついたコケが目立ちました。
掃除はしやすくなったのかもしれませんが、これも環境破壊につながっている気がします。

ドジョウも1匹しか見ませんでした。

« 赤レンガの遺構 | トップページ | 農作業 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 赤レンガの遺構 | トップページ | 農作業 »