« 外壁 | トップページ | 麻績のいえ »

2012年9月17日 (月)

土地探しと暮らし

住宅を建てる前の一仕事が土地探し

すでに土地持ちの方は悩まなくても良いイベントですが

考えようによっては、
これからの人生を送る場所を選ぶのだから、家のデザインよりよっぽど重要なことかもしれません。

私自身、松本の生まれ育ちでは無いので(県の南のほうの田舎です)、
建てると決めてから土地探しに三年かけました(かかってしまいました)。

まず、どんな暮らし方をしたいのか考え、
『畑とごっちゃになったような庭で、自家用野菜を作ったり花を楽しんだり、
自然を感じながらのんびり過ごせる』イメージができました。

そんな暮らし方に適した土地ってどんなのだろうと考え、
日当りがよく、水路が近くにあって、車の通りが少ない場所が良いと思いました。
かつ、その頃は勤めていたので、勤め先や普段の買い物ができるお店まで、
自転車での移動が苦にならない距離という条件も加えました。

予算があったので、始めは松本市内でなく単価の安い安曇野市を考えたり、
旧市内の細い路地の奥の物件を検討したりしていましたが、
結局、タイミングなどもあって、今の土地に出会うことが出来ました。
不動産業者に条件を伝えておいたら、これから売りに出る土地があると紹介してくれ、
一目見て気に入ってしまいました。

2軒の貸家が建っていた三角形の土地を2分割した、とんがったほうの土地です。
三角形だと四角形に比べて、坪単価が安くなります。
普通に考えると、四角い家を三角の土地にレイアウトするのは難しいのですが、
小さなお家なので無理なく入ります。
そして、残った部分は通路にしかならない細長い形ではなく、奥行きのある形になるので、
畑や庭にはもってこいです。

50坪の土地に22坪の住宅を建てた残地ですが、今年も、
イチゴ・小松菜・レタス・キャベツ・キュウリ・トマト・茄子・茗荷・ミツバ・赤シソ・青シソ・
こごみ・フキ・野蒜・ニラ・人参・ジャガイモ・かぼちゃ・ルッコラ・小株・トウモロコシ・
ほうれん草・アスパラガスなどがなり、梅・ユスラウメ・ニワウメの実がなり、ツル桔梗・
ユキヤナギ・ネコヤナギ・ハナミズキ・ナツツバキ・ツバキ・ナンテン・ヤエサクラ・ユリ・
アベリア・ポーチュラカなどの花が咲きました。
まだまだ改善の余地がたっぷりある素人仕事ですが、
土つくりや種まき、草取り、剪定などやっていると、散歩で通りかかる人が
『ちょっと肥料が足りないようだね』とか、『頑張ってきれいにしてるじゃないかい』とか
『苗の根がつくまで風除けに袋を被せておくといいよ』とか話しかけていってくれます。
こういうちょっとしたことからご近所とのつながりも出来たりして、
『庭・畑の効用』が案外と重要なことだと改めて思います。

引越ししてからの一番の不安はご近所付き合いですから。

ただ、暮らしてみて初めて気づくこともあります。

ここは風が強すぎる・・・・

・・・だから事務所名は風家です・・・飛んで行ってしまいませんように・・・

« 外壁 | トップページ | 麻績のいえ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 外壁 | トップページ | 麻績のいえ »