« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »

2012年5月31日 (木)

わんこ

Wan よく通る道路から、信号待ちのときに見えるワンコがみょうにかわいい。
ちょこっと寂しげな・・・

三郷の煉瓦の蔵

安曇野市の三郷というところに煉瓦の蔵が2棟あります。そのうちの一つは、所有者の方が同じ町会の人で、中を見せていただくことが出来ました。

棟木(梁)は壱尺八寸(約54センチ)の丸太梁で、下面に、『明治39年』とあり、側面に『大工棟梁山田正壽』と書かれていました。反対側には御札と槌とわらじが打ち付けてあり、桁周りの各面にも御札(御守)がありました。構造は木造で、柱に板を落とし込んであり、その外側に土塗り壁が見えたのでその土に煉瓦が接着されているのかと思われます。壁厚から察するに、煉瓦は1枚積みで、構造は担っていない、化粧及び防火のための仕上げ材です。構造が落としこみ板のいわゆる柔構造で、煉瓦の組積の仕上げで相性は最悪なようで、目地割れ箇所が多々有り、補強のつもりなのか目地に釘が多数打ってありました。昭和になってから鉄材で補強をしたそうです。煉瓦の大きさは220~230×55~60くらいと結構不揃いで角もあまりシャープでないので、手による成型だと思われます。積み方は長手だけを見せた積み方で、壁の上部の臥梁(がりょう)にあたる部分の積み方もいたってシンプル。目地は砂漆喰のような感じです。

Photo_2  もともと蚕種製造業をしていたそうで、明治期はだいぶ繁盛していたのではないでしょうか。立派な扉がついていました。もとはダイヤル錠がついていたそうですが泥棒に壊されてしまって今は違う鍵がつけてあります。窓は2階に小窓が2つついているだけですが、1階には畳が敷かれ、階段は赤漆塗りで細工もしっかりしてあって単なる倉庫ではなかったようです。所有者の方の記憶では家財道具や蚕の関係のものが仕舞ってあったそうですが、違う用途だった可能性が大です。Photo

 築100年以上の本棟造りの母屋は、今は民間の福祉施設として活用されています。
庭への門がとても立派で、瓦職人が力を注いで造ったのが伝わってきます。

 煉瓦蔵の屋根が傷んでしまって、補修を計画しているそうです。このところ、昨年の地震の影響も有り古いものがどんどん壊されてしまっているので、こういうものを大事に思っていてくださる方に出会うと本当に嬉しくなります。

2012年5月27日 (日)

基礎配筋

基礎工事が始まりました。

地盤調査の結果、設計GLから1.5mくらいの部分にやわらかい地層が入っている部分があったため、この部分の土を砕石に入れ替えました。

鉄筋業者と配管業者の打ち合わせが足りなくて、スリーブ補強筋が入っていませんでした。コンクリート打設前に、入れてもらいます。

保証機構の検査も無事終わりました。

綺麗に打てると良いのですが。

2012年5月 4日 (金)

タイムトラベル

松本市を中心に行われている『工芸の五月』のイベントの一つ、『タイムトラベル』

歴史探訪と水めぐりをメインとした まち歩きです。

太鼓門を起点に、今年は三の丸の西側半分と西堀、今町辺りを歩きます。
三の丸とは、外堀と総濠に囲まれた、大名町、土井尻などで、いわゆるかつての『城の中』です。大名町という通り名がついたくらいですからかつては大名屋敷があったのですが、明治になって武士という職業が無くなり、払い下げになった土地を売って出て行った士族が多く、また、文明開化の流れに乗り古いものはどんどん壊され、かつての屋敷町の面影はほんの少ししか残っていません。ですが、松本城下町の全体にいえることですが、道筋はほぼ残っていて、堀の名残や水路なども見ることができます。
 西堀から西側は明治以降の新しい町で、安曇野方面へ行く糸魚川街道に沿って発展した問屋街の今町、蓮池を埋め立てて建てられた『東宝セントラル』(今はセントラルビオスという福祉施設のビルに建替えられています)や、安曇野方面からの人が商売の帰りに羽を伸ばしていった西堀の歓楽街、かつてはアーケードが掛かり賑わっていた六九の商店街の看板建築などが残っています。
P1040156  P1040154 この地区は、区画整理された駅周辺からは女鳥羽川をはさんでいてちょっと取り残された感がある場所ですが、最近は古い建物をリノベーションしてカフェやクラフトギャラリ-、デザイン事務所などに使われている例が増えてきたように思います。商店街からちょっと外れた通りの奥などにあるレトロな建物、という感じがまた良いのですね。

湧水や井戸も何箇所かありますが、かくれんぼしていたり壁から建具レールを筧にして出ていたり、一筋縄でないのが心憎い・・・

http://mizusanpo.exblog.jp/14750864/

« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »