« 工芸の五月 | トップページ | 春らしく・・・ »

2012年4月11日 (水)

助成金

不況対策として、住宅の建築促進を図るのがお役所の常。
住宅を新築ことは、施工会社だけでなく、各種下請け会社、材料メーカーにも利益を
もたらし、お施主さんは金銭感覚がちょっと緩んで家具や家電を新調したくなり、
不動産取得税・登録免許税など各種税金収入も増えるからです。

バブルがはじけてから、ローンの金利を下げて下げて下げて・・・・
就職したときがちょうどバブルがはじけて下げ始めたころだった気がしますが、
当時、4%で、『安くなったねぇ、建て時だね』と言っていたのが今では1%台。

それでも着工件数が伸び悩んでいるので、地方でも、地元業者による工事を条件にした
助成制度が流行っているようです。

今進行中の安曇野市の物件でも条件が整ったので申請をしました。
新築で50万円は有り難いですね。

他にも太陽光発電の助成金も受けます。

 先ごろお手伝いさせていただいた杉並区の物件の場合は、
雨水排水施設(浸透ます・浸透トレンチ)や緑化工事にも結構な金額がもらえる制度が
あります。都内では、ゲリラ豪雨への対策と街並緑化に力を入れているということですね。

 エコポイントの新制度で、市街地以外のエコ住宅は、通勤や買い物で車を使うから
エコポイントの対象にならないということですが、郊外に住んでも頑張って自転車通勤を
している人がいるのに。まあ、この条件が意図するところは、エコポイント云々でなく
その先の、街のコンパクト化によるエコを目指しているのでしょうね。

« 工芸の五月 | トップページ | 春らしく・・・ »

進行中のお仕事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 工芸の五月 | トップページ | 春らしく・・・ »