« 地盤調査 | トップページ | 工芸の五月 »

2012年3月25日 (日)

浅間温泉の窯跡のレンガ

Photo Photo_3 Photo_4

浅間温泉の山の登りかけた辺りに、江戸時代からあった窯の跡が残っています。そこに使われていた煉瓦が今も見ることが出来ます。

手で成型した煉瓦のようです。大きさは、今の規格寸法よりも、平べったい感じ。巾も長さも大きめです。そして、角が少し丸い感じ。風化かもしれませんが。

松本市史で、『明治20年頃浅間で焼かれ、柳町の税務署に使われた』と書かれていた煉瓦が、ここで焼かれたのかもしれません。

窯跡の近くに、鹿のフンがたくさん有りました。鹿が増えているんだなぁ。

おとといは家の近くでキツネを見ました。

山里ですから。

« 地盤調査 | トップページ | 工芸の五月 »

まちづくり・まちあるき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 地盤調査 | トップページ | 工芸の五月 »