« 花火 | トップページ | 観光とは »

2011年7月26日 (火)

信州の夏

勤めを辞めて自宅にいる時間が増え、夏の昼間の暑さがどんな感じか、暑くて仕事にならないんでは無いかとか心配な面もあったのですが、今のところ快適です。まだ、8月・9月まではもっと気温が上がる日もあるのでしょうけど。特にここ数日、昼間に風があるので、窓を開けておくと水田の稲原を渡ってきた心地よい風でほんとに気持ちが良い。思うに、断熱も大切だけれど周辺の屋外環境も大切で、これが田んぼでなくて駐車場だったりすれば熱い風でやりきれないんだと思う。土地探ししているときは、南側の遮蔽物が無く(日当たりと風通しが良い)て近くに水路がある(畑をやるため)という条件で探していたけれど、+自然環境は大切です。

自宅は、夏と冬の日射の角度から窓の位置と軒の深さを決めてあって、冬は部屋の奥のほうまで陽射しが回りますが夏は障子の部分までで、障子を閉めておくと、南面からの日射は0です。これって大きいと思います。断熱+日射のコントロール+周辺の自然環境で、住環境は計画しないといけません。南面に水田が広がる場所ばかりでは無いから、庭の造り方もこれからの住宅設計には欠かせない条件だといえます。

学生時代、関東の夏を経験し、『何も活動していないのに汗が流れる』体験をし、信州の夏は本当に過ごしやすかったんだなと改めて思いました。湿度が低いのと朝夕は涼しいくらいに気温が下がるからでしょうか。もちろん、年に数日熱帯夜はありますが、ほんとに数日だけだから『夏を満喫しているんだ~』と自分に言い聞かせることにしています。

« 花火 | トップページ | 観光とは »

松本・安曇野・信州良いとこ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 花火 | トップページ | 観光とは »