« 雪がやんだ後は | トップページ | 震源地 »

2011年3月13日 (日)

テレビのない生活

 地震発生時、デッサンの授業中でした。なんかユラッと感じて隣の人に『揺れた?』って訊いたとたん、ユッサユッサときました。新しい校舎だから震度6までは安全だと判っていても,揺れがなかなか収まらないのですごく不安でした。みんなデッサンそっちのけでパソコン開いて震源などの情報収集を始め、先生も、今日はこれで授業は終わりにします、とそそくさと帰っていかれました。帰っても一人で怖いので、なんとなく居残り自習をしてから帰途に着きましたが、まちはいつもとなんら変わらず。家も、無事、棚からも何も落ちていず。

TVがないので、震源に近いほうの様子がわからず、初めて『TVを見たい』と切に思いました。

 皆さん、無事を知らせてくれて有難うございます。

これから物価が上がりそう。建材確保も大変になりますね。

今日打合せをした大工さんの奥さんの実家があちらで、親兄弟と連絡が取れないそうです。家は高台だったので無事だそうですが、仕事や買い物で街に出ていたようです。

ご無事だと良いのですが。

« 雪がやんだ後は | トップページ | 震源地 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 雪がやんだ後は | トップページ | 震源地 »