« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »

2010年8月29日 (日)

上棟式2

ほんとに暑い日が続くので、畑の土もカラカラです。トマトもとうもろこしもそろそろ終わり。秋蒔きをする時期です。でも、あまりの暑さに、外に出るのが嫌になってしまい・・・。

P1020255 とはいえ、本日は上棟式があり、半日仕事でした。80坪の平屋。とある会社の社長さんちで、車庫だけで先日引渡しした『ちっちゃなおうち』より大きい。式の後の食事会も、普通ならお弁当だけれど、ケータリングで、熱々のお料理が。暑いのに、なんと言う贅沢・・・・。

施主さんのお子様たちの家族も勢ぞろいで、和気藹々(こんな字なんだな)、楽しい上棟式ではありました。

家を造る(設計も含め)仕事は、施主さんの生活に大分踏み込んでお付き合いすることになり、『家族』をみせつけられるのだなぁ。たまにへこたれます。いろんな家族がいるけれど、家を建てようっていう家族は、たいてい仲良しです。幸せそうに見えます。

ちょびさんは、最近は暑いので抱っこも嫌がります。おいおい、寂しいぢゃないか・・・

2010年8月10日 (火)

オープンハウス

3月末着工の『ちっちゃなおうちNo2』で、この土日にオープンハウスが行われました。地元高校の甲子園出場試合、市を上げてのお祭り『松本ぼんぼん』、知事選挙、それと猛暑で入りが少ないのを覚悟してましたが、24組のかたがたに見ていただきました。22.6坪という小ささで、いつものごとく階高をぎゅっと抑えてあるのですが、皆さん、『広く感じる』『開放的で気持ちがいい』と言ってくださいました。自宅がNo1なのですが、2のほうがやっぱりいいかも。

P1010973浴室は白と水色の小さいタイルで。  P1010977洗面もキッチンも造りつけ。キッチンカウンターはステンレスだけど既製品より曲げがシャープで立ち下がりも20mmでなかなかカッコよい。右端の小さな引き出しは手造りのおまけ(ちょび製作)。2階の寝室から吹き抜けを渡るブリッジはなかなか心地がよいものになりました。ブリッジを渡るとお外に布団干しが。これも製作品でとってもシンプル。なおかつ、手ごろなお値段です。 寝室は間仕切りの建具を閉めると雪洞の中にいるような感覚になります。梁と2階の柱はあらわしなので、『木造住宅』らしさが伝わります。

PhotoPhoto_2Photo_3Photo_4P1020050Photo_5Photo_6

1階は天井の高さが2.1m、2階は勾配天井で一番低いところは1.74mです。軒高約5m、最高の高さ6m、軒の出1.14m。低くして軒の出を大きくし、南面に吹き抜けを造ることで夏は日差しがほとんど入らず、冬は奥まで入り晴れた日の日中は暖房要らずです。小さくて低いので体積も小さく、全館暖房しても暖房負荷は低く抑えることができます。建設費用の面でも、壁にかかわる仕上げ材・下地材・断熱材、すべて量が少なくなります。内外とも塗り仕上げ、床は無垢(水廻りは樺桜の無垢フローリング塗装品、他は松無垢板無塗装、ブリッジのみ杉厚板無塗装)、2階の天井も無垢(松)。照明器具はシンプル系で。和風でもあり洋風(北欧系)でもある空間です。

                   

« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »